ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

脳深部刺激療法(DBS) 脳に電極を埋め込みパーキンソン病を治療

ベルン大学病院他のサイトへでは、脳にまつわる様々な病気の治療技術を向上すべく、画期的な研究が行われている。そのうちの一つが、脳内に電極を埋め込む脳深部刺激療法(DBS)。パーキンソン病の様々な症状を抑える方法として世界中で注目されている。(RTS le Journal, swissinfo.ch)

脳神経外科クラウディオ・ポロ医師他のサイトへのチームはDBSの技術向上に取り組んでいる。DBSは脳内に電極を埋め込み、神経活動を調整することによって脳神経の疾患を治療する手術だ。

電極を小型化し、制御しやすくしたことで、電流の量が抑えられ、副作用が減少することが臨床試験で証明された。

この臨床試験の結果が、このほど神経学の学術誌ブレインに掲載された。

脳の標的部位に埋め込んだ電極から電気刺激を送ると、神経回路の活動が活性化あるいは抑制される。

電極は、患者の体内に埋め込まれた電池式のパルス発生器と絶縁電線でつながっており、バルス発生器から発信された電気信号は絶縁電線を通って電極に伝えられる。

パルス発生器は心臓のペースメーカーに似ていて、大きさはストップウォッチほどだ。

DBS手術を受けた患者は、世界中に10万人以上いると推計され、その大半がパーキンソン病の治療のために手術を選択した。

現在この手術は、薬物治療では症状を十分抑えられない患者のみに行われている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。