ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

航空産業 日本政府の新専用機の内装手がけたスイスの航空機会社

Jet aviationジェット機格納庫

ジェット・アヴィエーション社が、プライベート航空機の内装をするため2008年に開設した格納庫

(Keystone)

日本政府が2019年度から運用する新専用機「ボーイング777-300ER1号機」が17日、航空自衛隊千歳基地に到着した。内装をデザインしたのはプライベートジェットの整備などを手がけるスイスのジェット・アヴィエーション社だ。

 ジェット・アヴィエーション社はスイス・バーゼルに本社を置く。同社は、美しいデザイン、高級素材で最新機能の家具装備の豪華ジェット機を得意とする。

 創業者のカール・ヒルシュマン氏が1967年、バーゼルのチャーター機運航業グローブ・エアー社の格納庫を買い取り、ビジネスジェット機のメンテナンス会社を立ち上げた。ヒルシュマン氏は航空機関連の精密部品を売り込むため米国で働き、チャーター機ビジネスの成長性を感じとったという。

 69年、スイスの航空機製造ピラトゥス社のメンテナンス・地上整備作業部門を買い取った。ビジネス機の共同所有などの新しいビジネスモデルを始め、欧州や中東に顧客を広げ急成長した。

 しかし創業家のお家騒動で経営は傾き、05年には英投資会社パーミラに買収され、08年には米国の重機械コングロマリット、ジェネラル・ダイナミクスに売却された。フラン高や金融危機で従業員の削減に追い込まれた時期もあった。

 経済の回復とともに経営が回復。現在はバーゼルのメンテナンス部門で670人、内装部門で1470人が働く。ビジネス機のメンテナンスでは規模・能力・実績共に世界のトップクラスとされる。

  2015年3月、同社は「アジアの匿名の顧客」からB777-300ER2機の内装を受注したと発表。これが日本の政府専用機だとみられていた。同社が日本の政府専用機を手がけるのは今回が初めてとみられる。

swissinfo.ch/tm

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。