ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

若者の麻薬中毒問題 良心を取り戻した

麻薬を長年使用してきたサヴィエ・Tさん(22)は、仏ストラスブールからスイスのヴァリス/ヴァレー州にあるセラピーセンターにやってきた。彼はそこで健康とやる気を取り戻し、生きる意味を見い出した。

「ローヌ川岸ホーム(Foyers Rives du Rhône)」は30年来、中毒問題を抱える若者を受け入れている。スイスインフォはこの度、サヴィエさんのかかとに音声マイクをつけさせてもらい、この施設の1日を写真と音声に収めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。