Navigation

観光ヘリ墜落事故、原因はパイロットのミスか?

8人の死者を出した26日の観光ヘリ2機接触・墜落事故。事故原因はまだ究明中だが、Air-Glaciers社の社長は、沈む夕日がパイロットの目をくらませたのだと信じている。

このコンテンツは 2000/09/28 16:11

8人の死者を出した26日の観光ヘリ2機接触・墜落事故。事故原因はまだ究明中だが、Air-Glaciers社の社長は、沈む夕日がパイロットの目をくらませたのだと信じている。

スイス航空機事故委員会の事故調査委員は、スイス最悪のヘリ事故の原因はまだ調査中だとしながらも、パイロットのミスである可能性を否定できないとしている。

事故機を所有するAir-Glaciers社のブルーノ・バグノウド社長は、死亡したパイロットが沈む夕日のために目がくらみ、避けられなかった事故だったと信じていると発言した。死亡したパイロット、マルコ・シュナイダーは、Air-Glaciersに10年勤務し、4、700飛行時間の経験があった。が、もう1機のパイロットは、夕日によって目がくらむ事はなかったと証言している。

26日ヴァリス州シオン近郊のボイソンで、Air-Glaciers社の5分間のアルプス上空遊覧飛行用ヘリ、アローエッテ�。とベル・ジェット・レンジャーが着陸アプローチ中、上空15mで回転翼が接触し墜落。アローエッテ�。の乗客6人とスイス人パイロットは全員死亡、ベル・ジェット・レンジャーの乗客1人が死亡、パイロットと残りの乗客3人は重傷を負った。乗客は全員インド人観光客。

ベルンのインド大使館のネギ首席事務官によると、怪我をした3人のうち2人はシオンの病院に入院し、それぞれ足首とろっ骨の骨折の治療を受ける。事故にあった観光客は、約150人のインドからの団体旅行でドイツとスイスを回るツァーの最終日だった。ヴァリス州は、インドに弔問団の派遣を検討している。

事故現場は、環境学者らが、まき散らされた100リットルの燃料による汚染度を査定するまで封鎖される。パイロットの遺体は、解剖のため、ローザンヌの病院に運ばれた。またボイソンでは、ベルンとジュネーブのインド大使館員が、死亡したインド人観光客の身元確認にあたっている。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。