ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

農場の1日 希少種の保全を目指すオーガニック農場

オーガニック農場を経営するステファン・ヴィアルさんの仕事は朝5時から始まる。まずは搾乳し、ヤギとブタに餌をやり、牛を牧草地に出して、干し草用の草を刈る…。ヴィアルさんの農場での1日を写真で追った。

希少種の家畜と植物 種の保存を目指すオーガニック農場

毛むくじゃらのブタ「マンガリッツァ」やスイス在来種の「レーティシュ灰色牛」、蜜入りの「ハニーアップル」や「シェザール・プルーン」。今日ではあまり聞かれなくなった動物や果物の名前だ。だが、オーガニック農場「フェルム・デ・ソンス」では、そういった珍しい品種の動物や果物を見つけることができる。