ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

退廃芸術を扱った展覧会 ベルン美術館の「近代美術の巨匠展」を写真で見る

ベルン美術館で開催されている「近代美術の巨匠展」は、一見すると同美術館所蔵のピカソやクレーなどの巨匠の作品70点が展示された展覧会だ。

だが、こうした作品はナチスによって退廃芸術と見なされ、ドイツの美術館から剥奪された。そして、スイスのギャラリーで「近代美術の巨匠の作品」という名でオークションにかけられ、スイスやアメリカに売られた。

同じ作品がなぜこうも違う扱いを受けるのか?そもそも退廃芸術とは何なのか?こうした疑問を抱きながら、ナショナリズムが支配するヨーロッパのカオスの時代の歴史を再認識して欲しい、と開催者は言う。

スイスインフォは、この展覧会から十数点を選び、ギャラリーにした。

(文・里信邦子 写真・ベルン美術館 制作・スイスインフォ)

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。