Navigation

連邦政府のインターネット・スキル向上計画

連邦政府は、スイス国民のコンピューター・スキルの向上を目指す新教育プログラムを導入する計画だ。インターネット・スキル向上計画は、将来的な連邦政府と州および国民との間の電子コミュニケーション改革も念頭に置いたものだ。

このコンテンツは 2000/07/11 16:37

連邦政府は、スイス国民のコンピューター・スキルの向上を目指す新教育プログラムを導入する計画だ。インターネット・スキル向上計画は、将来的な連邦政府と州および国民との間の電子コミュニケーション改革も念頭に置いたものだ。

スイス国民のコンピューター・スキルは、米国、英国、スウェーデンなどに比べると遅れをとっているそうだ。政府諮問委員会の調査によると、スイスはすでに高度な情報およびコミュニケーション・インフラストラクチャーが整っているが、それを有効に利用するスキルが欠けている。そのため、政府は、先ず特別教育ソフトウェアを使用し、教師のコンピューター・スキルを向上させるプログラムを導入するという。

また、連邦政府は「アクション・プラン・e-政府」として、インターネットを通して国家公務員を「国民に親切」な存在にする、また連邦政府と州および自治体とのインターネット・リンクを充実させる事も計画している。さらに「e-投票」制度の確立も計画している。スイスでは、毎年多くの国民投票が行われる。e-投票が実現されれば、投票用紙を使わなくてもよくなり、かなりのコスト削減が見込まれるという。

さて、計画推進のための予算の問題だが、教育プログラムの導入だけでも、2001年から2004年までで、約8、000万スイスフランが必要になる見込みだ。連邦政府は、スイス国立銀行の余剰金準備を売却した7、500万スイスフランを2005年以降6年から8年のプロジェクト資金に当てる計画だ。

2002年から2004年分の予算案は、来年投票が行われる。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。