Navigation

連邦政府、牛肉販促キャンペーンを企画

北部ドイツの屠殺場。12日ドイツの報道によると、昨年11月30日北朝鮮はドイツに 家畜20万頭の食糧援助を求めた。 Keystone

パスカル・クシュパン経済相は14日、給黒aを恐れる消費者の牛肉離れが進み、畜産農家の年収が30%減になったことを憂翌オ、連邦政府は200万スイスフランを投入し、国産牛の安全性は政府が確認済みである事をアピールし国産牛のイメージアップを図るキャンペーンをレストラン、ホテルを対象に年末まで展開すると発表した。

このコンテンツは 2001/02/15 09:54

さらに、クシュパン経済相は、政府は予算から700万スイスフランを拠出し、深刻な食糧難に陥っている北朝鮮などに国際援助として牛肉を提供する事を決定したと発表した。

スイス牛の給黒a発病発覚以来、スイス産の牛肉の輸入を禁止している国が多い。スイスでは動物性飼料の使用は1990年12月に禁止されているが、300件の給黒a発垂ェ報告されている。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。