ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

連邦政府、牛肉販促キャンペーンを企画

北部ドイツの屠殺場。12日ドイツの報道によると、昨年11月30日北朝鮮はドイツに 家畜20万頭の食糧援助を求めた。

(Keystone)

パスカル・クシュパン経済相は14日、給黒aを恐れる消費者の牛肉離れが進み、畜産農家の年収が30%減になったことを憂翌オ、連邦政府は200万スイスフランを投入し、国産牛の安全性は政府が確認済みである事をアピールし国産牛のイメージアップを図るキャンペーンをレストラン、ホテルを対象に年末まで展開すると発表した。

さらに、クシュパン経済相は、政府は予算から700万スイスフランを拠出し、深刻な食糧難に陥っている北朝鮮などに国際援助として牛肉を提供する事を決定したと発表した。

スイス牛の給黒a発病発覚以来、スイス産の牛肉の輸入を禁止している国が多い。スイスでは動物性飼料の使用は1990年12月に禁止されているが、300件の給黒a発垂ェ報告されている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×