ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

鉄道大国 スイス鉄道、遅延増加に緊急対策 

SBBの時刻表

SBBでは近ごろ一部路線で遅延が増加している。SBBは緊急の対策に乗り出した

(sda-ats)

スイス連邦鉄道(SBB/CFF/FFS)の遅延が原因で時間通り目的地に到着できていない利用者は1日平均12万5千人に上り、多い日は30万人にまで膨れ上がる。SBBはこの問題を重く受け止め「さらなる取り組みが必要である」とし、緊急対策に乗り出した。

SBB電車の時間の正確率

スイス連邦鉄道(SBB)は今年4月、電車の時間の正確率を改善するためのタスクフォースを立ち上げた。4月時点の「時間の正確率」は90.1%で、前年より少し下がっていた。「時間の正確率」は定刻通り、または遅れが3分以内で目的の駅に到着した乗客の割合を指す(SBB 公式サイトより)。

インフォボックス終わり

SBBのアンドレアス・マイヤー総裁は28日、ベルン本社で開かれた記者会見に出席し、運行時間の正確さについては「目立った成果が出ておらず」、当分は「小レベルの対策」しか行えないと説明。そのような現状を踏まえ「すぐに改善は見込めない」と打ち明けた。

SBBが抱える問題は、乗客数の増加に伴う新車両導入の遅れ、最も込み合う路線の遅延、ぎりぎりの人員配置による個々への負担増加など、多岐にわたる。マイヤー総裁は会見で「2019年は経営的にも、精神的にも非常に大変な年だった」と振り返った。

遅延の原因

2019年はSBB車掌の事故死や、猛暑で引き起こされた問題の数々、20年に1度のワイン生産者の祭り「フェット・デ・ヴィニュロン」など大規模な催しの開催時に起きた混雑なども遅延の発生原因となった。

マイヤー総裁は「私たちは第一に鉄道会社であり、開発会社ではない」と述べ、開発プロジェクトに集中投入していた経営資源を鉄道運営にも振り向ける方針を示した。

対策1)出発をより柔軟に

対策の第1弾は、2019年12月5日のダイヤ改定で行われる。マイヤー総裁の説明によると、「ファースト・イン、ファースト・アウト」の原則を特定のポイントで導入し、数分または数秒レベルでダイヤの調整が行われる。この原則は出発準備の整った列車から順に出発させるというもので、これにより、1つの列車の遅延がほかの列車の遅れをもたらすのを防ぐことができる。

この措置はまずベルン州シュピーツ駅で導入され、インターラーケンとブリークからほぼ同時に到着する2つのIC列車(都市間列車)に適応される。これまでブリークから来る列車は、インターラーケンから来る列車の出発後必ず3分経ってから発車することになっていた。12月15日以降は3分の時間差にこだわらず、早く出発準備が整った方から出発する。

対策2)空港での乗り換え推奨

2つ目の対策としてSBBは、スイス東部と中央部を列車で移動する乗客に対し、チューリヒ中央駅ではなくチューリヒ空港駅での乗り換えを推奨していく。空港駅は乗り換えの列車が同じプラットフォームに発着する。乗り換え時間の短縮になるうえ、乗り継ぎ時刻を心配する必要がなく、確実だ。

これらの対策措置は、SBBの専門家グループが策定した長期プログラム「時間厳守2.0」の1つ目のステップにあたる。過去数年は遅延状況に改善が見られ、ヨーロッパ諸国と比較しても時間の正確率は高い。だがSBBは「それでもなお、地方や単線路線で納得のいくレベルにまで達していない場所がある」と話した。

人手・列車不足には打つ手なし?

会見でマイヤー総裁は「過去に何らかのかたちで減速すべき部分はあった」と反省点を述べた。SBBは現在、いくつかのエリアで完全に動きがストップしている。

「運転手の数がどれだけ必要になるかなどは、完全に軽く考え過ぎていたものの一つ」とマイヤー総裁は一例を出し、そのようなことを原因に混雑ピーク時に十分な人手を確保できていないと説明した。また、新しい二階建て車両「FV-Dosto」は導入が6年遅れているという。「これについては成す術が全くない」。

2019年上半期のSBB利用者数は7%増加した。課題は山積みだが、SBBは時間通りダイヤが動くよう、今後も改善・向上に取り組む構えだ。

数字は語る スイス鉄道、「時間通りで安全」は本当?

スイス連邦鉄道(SBB)は欧州の旅客輸送で最も効率的な鉄道とされる。だが不満の声がないわけではなく、いつまで高評価が続くかは分からない。

sda/ro

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。