ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

銀行業の盛衰 減少続くスイスの銀行数 17年は9行が撤退

クレディ・スイスとスイス国旗

2017年は前年より多くの銀行が黒字だった

(Keystone)

スイスでは2017年、外国銀行の支店を含め9行が国内から姿を消した。20年前には400行以上を誇っていたが、今や残るのは253行だ。

 スイス国立銀行(SNB)が28日発表した「スイスの銀行」年次報告書他のサイトへによると、昨年スイスに開設された銀行はスイス支店を開いた外国銀行1行だけだった。

 銀行に勤める人の数も減少。国内はフルタイム換算で7.7%少ない9万3554人、国外支店の従業員数は同13.4%少ない1万6858人だった。全体では9%減り11万413人だった。

生き残りは増益

 残った253行の大多数は昨年、利益を上げた。黒字だった229行の利益は合計で103億フラン(約1兆1330億円)に上った。損失を計上したのは24行で、計5億フラン。253行を合算した純利益は98億フランで、16年の79億フランを上回った。SNBによると、主に赤字行の損失が前年より小さかったためだ。16年は35行が計33億フランの損失を計上した。

 スイスの不動産市場は拡大し、住宅ローン総額は9747億フランと2.7%増えた。一方、預金は1兆7881億フランと、増加率は1%にとどまった。

SDA-ATS/ac

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。