雪崩警告システムは万全

圧倒的な破壊力で押し寄せた一連の雪崩災害から1年、ダボスの連邦雪・雪崩研究学会は、スイスの雪崩警告システムを調査、過去最高の状態にあると、発表した。

このコンテンツは 2000/02/17 15:20

圧倒的な破壊力で押し寄せた一連の雪崩災害から1年、ダボスの連邦雪・雪崩研究学会は、スイスの雪崩警告システムを調査、過去最高の状態にあると、発表した。

今回のような報告が行われたのは、1887/8年と1950/1年の記録的な降雪時についで、史上3回目。

昨年冬期、学会は大雪情報を正確に予報、メディアも雪崩の危険性を大きく報道した。それでも、500以上の雪崩は17人の生命を奪い、物的損傷額6億スイスフランにおよんだ。学会は、これらの甚大な被害は気象現象によるものだからとしながらも、防御手段が不足していた事を強調した。そして、地域、州、全国レベルでの警告シシテムの改善、フィールドでの雪崩専門救助隊の訓練など、いくつかの勧告をした。また、森林による天然防御の研究から、居住地域のリスクマネージメントの改良まで、具体的な警戒範囲を提案した。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する