ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

養蜂 ブンブンブン

自然が目を覚まし、ミツバチも覚醒した。草原はミツバチの春祭り会場だ。

人間の食べ物の3割と飼料用植物の7割は、昆虫による受粉に支えられている。中でも大切な役割を果たしているのがミツバチだ。スイスのミツバチ密度は非常に高いが、ミツバチヘギイタダニやヨーロッパ腐蛆病などが広がっているため、その数は減少傾向にある。養蜂家の数も減少しており、今日の平均年齢は約70歳となっている ( 写真:トーマス・ヴュトリヒ )

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。