ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

10月の失業率1.7%

国立経済情勢事務局の発表によると、10月の失業率は9月と変わらず1.7%で、過去9年間で最低水準を保った。

国立経済情勢事務局の発表によると、10月の失業率は9月と変わらず1.7%で、過去9年間で最低水準を保った。

国立経済情勢事務局の数字によると、10月末の失業者数は62、953人で9月末より624人増加した。

州別の失業率では、最高は相変わらずジュネーブ州で4.1%。他に、フリブールとユラを除く仏語州と伊語州のティチーノで全国平均を上回る傾向に変化はなかったまた。また最も低かったのはアッペンツェル州で、0.2%だった。

求職中の人は109、806人で9月より283人減少した。また、有効求人数は763減少し12、296だった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×