Navigation

9月中旬にジュネーブでアチェ和平会談

インドネシアは、9月中旬にジュネーブでアチェ和平会談を行うことを確認した。(写真:5月停戦合意協定に署名する「自由アチェ運動」のザイニ・アブドゥラー氏)

このコンテンツは 2000/09/04 16:15

インドネシアは、9月中旬にジュネーブでアチェ和平会談を行うことを確認した。(写真:5月停戦合意協定に署名する「自由アチェ運動」のザイニ・アブドゥラー氏)

ジュネーブでの会談は、停戦延長の条件に焦点が絞られる。5月ジュネーブで、インドネシア政府とアチェ州の独立派武装組織「自由アチェ運動」の代表は停戦合意に署名した。6月2日の停戦実施以後も、70人以上が殺されたが、最悪時よりははるかに沈静化したと言ってよい。

インドネシア政府と自由アチェ運動は、共同声明を発布し、9月2日に期限が切れた3ヵ月の停戦を延長する基本合意を示した。が、停戦延長の期間に関しては述べられなかった。

インドネシアのアブドゥラハム・ワヒド大統領は、多民族国家インドネシアを現況のまま保つのが基本政策で、アチェ州に自治を認めると提言したが独立は拒否した。

天然資源の豊富なアチェ州。州民400万人の独立要求は、何年間もの軍による人権侵害により燃え上がる一方だ。また、ジャカルタ政府によるアチェの天然資源搾取も、アチェ州民のインドネシア離脱要求の重大な要因だ。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。