ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

「スイス人」たち 面倒な国籍取得手続き

スイス国籍取得の面倒さをユーモラスに描いたロルフ・リシー監督の映画「ザ・スイスメーカーズ」が作られたのは40年近く前のことだ。その後 事情は変わったのだろうか?(RTS/swissinfo.ch)

今も国籍取得候補者には、フォンデュに入れるチーズの種類や歴史上重要な戦いの年号などの知識が問われる。

リシー監督の映画では、警察官が家庭に派遣され、経歴や知識、社会への溶け込みの具合、スイスの秩序や清潔さを脅かさないかを調べる。

ジュネーブでは今でもコミュニティーに派遣された職員が候補者を面接し、期待される高い水準を満たせる人物かどうかをチェックしている。

一方、フリブール州では最大4回も厳しい面接があり地方自治体や国についての一般知識を問われる。本当にこうしたチェックを行うだけの価値があるのだろうか?

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。