ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

#swisshistorypics ルイ・ドゥ・ボッカルドの足跡

探検家のルイ・ドゥ・ボッカルドは1889年、スイス西部・フリブールの自宅を出て南アメリカへ旅立った。ローザンヌ出身の写真家ニコラ・サヴァリー氏が彼に関心を寄せたのは、好奇心と偶然からだった。

ルイ・ドゥ・ボッカルドの運命を変えたのは一羽のアホウドリだった。ドゥ・ボッカルドの乗っていた小船に、疲れ果てたアホウドリが空から舞い降りたのだ。幸運を示す伝説に従い、若きドゥ・ボッカルドはアルゼンチンを目指すことを決めた。

ドゥ・ボッカルドは1866年5月8日、フリブールで生まれた。多くのスイス人が海外へ移住した時代。ドゥ・ボッカルドはアルゼンチンへ向かった。1889年に到着し、ブエノスアイレス州のチーズ工場で働き始めた。1年後、アルゼンチンのラプラタ博物館他のサイトへのキュレーター兼標本係として雇われた。運命のアホウドリを標本にした実績が買われた。

山のような手紙と1台のカメラ

こうしたドゥ・ボッカルドの経歴を発掘したのもまた偶然だった。2010年、趣味で骨董品取引をしていたニコラス・サヴァリー氏の父が、フリブール近郊ヴィラール・スル・グラーンのドゥ・ボッカルド家の家財一掃で古いトランクを発見。中から山のような古い手紙や日記帳、書物、写真が出てきた。いずれもドゥ・ボッカルドの所有物で、サヴァリー氏は彼の人生を研究することにした。サヴァリー氏は遺品を丹念に調べただけでなく、カメラを携えアルゼンチンまで彼の足跡を追いかけた。写真展では、2人の目に南米大陸がどう映ったかが描かれている。

ニコラス・サヴァリー氏とドゥ・ボッカルドの功績をまとめた写真展「コンキスタドール(仮訳:南米大陸への探検家)他のサイトへ」はローザンヌのエリゼ写真美術館で5月6日まで開催中。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。