Navigation

1984年

このコンテンツは 2006/08/15 16:11

女性が投票権を得てから13年、チューリヒ州急進党のエリザベート・コップが初の女性内閣閣僚に選出される。4年後、コップは自分の夫に対し、彼の仕事仲間に捜査の手が入ることを警告したことから辞職へ追い込まれた。その調査は結局行われなかったが、エリザベート・コップのいわゆる免職を政治問題や男女平等問題だと軽視する向きもあった。 (Keystone)

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。