Navigation

ADHD症の子供にリタリン治療

ADHD症状の軽減にリテリンが有効 swissinfo.ch

スイスでは、注意欠陥多動性障害(ADHD)と診断された子供にリタリン(ノバルティス製造)を処方するケースが、過去5年間で7倍に増えている。

このコンテンツは 2002/04/10 08:40

連邦保健局(ヌーシャテル)の報告によると、1996年から2000年の5年間で注意欠陥多動性障害(ADHD)と診断された子供に対しリタリンを処方するケースが76件から433件と約7倍に増加、またリタリンの年間処方量は22gmから1769gmに増加したことが明らかになった。また、2000年にリタリンを処方された子供の80%は5才から14才の子供達で、なかでも8才から11才の男児が最も多かった。保健局では、リタリンとADHDの関係についてより詳しい調査をしたいとしながらが、リタリンと行動治療の組み合わせがADHD症状の軽減に有効であるとしている。

ADHDは原因不明だが、脳内の神経伝達に関わる物質のバランスと深い関わりがあると思われる。ADHD症の人は注意力を集中すること、静かに落ち着いていること、衝動を抑えることが困難なため、家庭や学校・職場で義務を果たしたり人間関係を築くことが難しい。米国では行動障害の中で最も多いのがこのADHDで、学童の4%から12%がADHDだと推定される。ノバルティス(本社バーゼル)製造のリタリンは、ADHD症の多動性・衝動性を抑制し集中力増加を助ける働きをする。データによると、子供の時に治療が必要とされた人の約半数は、成人後は治療の必要がない。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。