Navigation

クリスチャン・ラーフラウブ

関心テーマ:政治、科学、音楽。 イニシャル:raf

記者としてラジオ、テレビ、オンラインメディアに従事。

ドイツ語編集部

おすすめの記事

ロボットは教師の代わりになるか?

このコンテンツは 2021/03/18 新型コロナウイルス感染症の世界的大流行は、教育現場にも影響を与えた。遠隔授業や対面授業で「ロボットに授業を任せてはどうか」という声が挙がっている。専門家は多くの可能性を認めると同時に、ロボットが人間らしくなりすぎることへの危険性を指摘する。

おすすめの記事

音楽でチーズの味が変わる?ドイツ研究者「こんなに話題になるとは」

このコンテンツは 2019/08/21 ドイツ出身の音楽・メディア研究者ミヒャエル・ハレンベルクさんがスイスにやってきたのは、とある研究のため。それは「チーズに異なる音楽を聞かせて熟成させたら味に違いが出るのか」というもの。その驚くべき結果は、世界中のメディアに取り上げられた。本人は「こんなに話題になるとは予想もしなかった」と驚く。

おすすめの記事

最高のチーズに仕上げたのはまさかのあの音楽??

このコンテンツは 2019/03/15 スイスのチーズを作る段階で異なる音楽を聞かせ、味の仕上がりの違いを調べた実験で、最もチーズをおいしく仕上げたのはヒップホップだったことが分かった。 実験で使用した音楽 1 無音 2 環境音楽/Yello「モノリス」 3 クラシック/モーツァルト「魔笛」 4 テクノ/Vril...

おすすめの記事

今年のスイス政治に襲い掛かる「ゾンビ」

このコンテンツは 2019/01/02 2019年のスイスを予想するには、過去を振り返る必要がある。今年は、長年の政治的課題がまるでゾンビのように眠りから目を覚ますだろう。その多くはすでに目覚めており、政府や連邦議会に対応を迫っている。スイスに今年襲い掛かる「ゾンビ」とは?

おすすめの記事

超高速鉄道ハイパーループに夢をかけるスイスの研究者たち

このコンテンツは 2018/12/18 イーロン・マスク氏が磁石の浮力を利用し真空管の中を超高速で走る交通機関で世界を変えようとしている。7月末に米カリフォルニアでこの新技術を競った学生たちのなかには、スイス人学生も2人いた。だが実は発想そのものは新しくはなく、1974年にスイスメトロが似たようなプロジェクトを立ち上げていた。マスク...

おすすめの記事

チューリヒの「食べられるアパート」とは?

このコンテンツは 2018/08/29 チューリヒ州にある1軒のモダンなアパート。実はこの中で、資源節約型建築を実用化するための新素材や新技術の開発が行われている。核となるコンセプトは「循環」。数年経つとアパートは解体され、そこで使用されていた建築材料は残らずリサイクルされる。

おすすめの記事

五輪のリンクで実感した「スイス代表」

このコンテンツは 2018/04/22 フィギュアスケートのアレクシア・パガニーニ選手(16)は米国生まれ。2018年の平昌(ピョンチャン)五輪で、スイス代表として初めて冬季五輪の大舞台に立った。世界のどこにいてもフィギュアと二重国籍が付いて回るパガニーニ選手だが、「母国」と呼ぶのはスイスだ。...

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。