Navigation

上原亜紀子

イニシャル:au

横浜市出身。1999年からスイス在住。ジュネーブの大学院で国際関係論の修士号を取得。2001年から2016年まで、国連欧州本部にある朝日新聞ジュネーブ支局に勤務し、国際機関やスイスのニュースを担当。2015年から2016年まで、スイスとリヒテンシュタインの外国人記者協会の事務局長を務めた。2016年からswissinfo.chの日本語編集部編集長。

日本語編集部

おすすめの記事

フレデリック・ビエリICRC代表が朝鮮戦争開戦時に見たもの

このコンテンツは 2020/08/15 1950年6月に勃発した朝鮮戦争は未だに終戦に至っておらず、南北の分断は続き、冷戦以降も超大国を軸とした国際的な緊張は途切れることがない。ジュネーブにある赤十字国際委員会(ICRC)のアーカイブ資料からは、70年前の朝鮮戦争の状況を韓国のICRC代表だったフレデリック・ビエリの見解で辿ることが...

おすすめの記事

ILOグローバルサミット開催 労働者の社会的保護を

このコンテンツは 2020/07/08 新型コロナウイルスの世界的な大流行による雇用情勢の悪化で、不当な解雇や雇止め、就労は男女に不平等が見られ、さらなる企業のデジタル化やテレワーク導入といった新しい働き方のための国際的な取り決めの欠如などが浮き彫りになった。国際労働機関(ILO、本部・ジュネーブ)はグローバルサミットを開催し、加盟...

おすすめの記事

「災害リスクの考え方を包括的に」 国連防災担当の水鳥氏

このコンテンツは 2020/03/11 東日本大震災が起きて9年。この大災害から得た教訓を「仙台防災枠組み」に活かして防災・減災のための国家の対応力向上を呼びかけ、大惨事の記憶を風化させないように努める国連防災機関(UNDRR)トップである国連事務総長特別代表水鳥真美氏に防災対策の現状や問題点を聞いた。

おすすめの記事

WTO 貿易紛争解決の機能停止

このコンテンツは 2019/12/11 世界貿易機関(WTO・本部ジュネーブ)で貿易紛争を裁定する上級委員会が欠員。実質的に紛争処理機能が停止した。 最終審にあたる上級委員会の委員2人の任期が10日に切れ、従来7人の委員が1人だけになった。上訴したり、最終的な裁決を下したりすることが出来なくなり、WTOの紛争処理制度が機能不全に陥った。

おすすめの記事

ローザンヌバレエ2020、日本人出場者は13人

このコンテンツは 2019/10/30 若手バレエダンサーのための国際コンクール、ローザンヌ国際バレエコンクール2020の出場者リストが発表された。次回開催される第48回コンクールには、27カ国から84人(女子51人、男子33人)が参加する。国籍別では日本人が最多で、13人が出場。スイスからは5人が出場する。

おすすめの記事

男女同権のために闘うネパールの女性議員

このコンテンツは 2019/09/25 ネパールでは女性国会議員が過去10年間で劇的に増加した。それは憲法で議席の一定数を女性に割り当てるジェンダー・クオータ制が取り入れられた結果で、この点でネパール憲法はアジアで最も進歩的だと言える。しかし、女性政治家や権利擁護者は、ネパールで真に平等が確立されるまでには、まだまだ長い道のりがある...

おすすめの記事

100年前、国際連盟発足とともにジュネーブを発見した国際ジャーナリストたち

このコンテンツは 2019/06/28 1919年6月、世界初の平和維持機構である国際連盟の本部としてスイスのジュネーブが選ばれた。これを機に国内外から1500人近くの記者がジュネーブに集まり、ジュネーブから発信されるニュースは世界各国で新聞の紙面をかざった。

おすすめの記事

放射性廃棄物処分 スイスで失敗した教訓を日本で生かそう

このコンテンツは 2019/03/11 「核のごみ」を安全で恒久的に処分することは、原子力生産国が何十年もの間直面してきた課題。今日で福島の原発事故から8年を迎える日本では、放射性廃棄物の地層処分場の候補地だったスイスのヴェレンベルクの実施計画で失敗した経験から得た知見が共有されている。日本における放射性廃棄物の処分場選びの第一歩と...

おすすめの記事

沖縄県民投票は「投票率・白票割合が重要」 高良倉吉・琉球大名誉教授

このコンテンツは 2019/02/14 沖縄県は24日、米軍基地の辺野古移転問題をめぐり県民投票を実施する。元沖縄県副知事で、琉球史が専門で沖縄の対外関係にも詳しい高良倉吉・琉球大学名誉教授は、投票率や白票の割合に注目すべきだと考える。法的拘束力のない県民投票の意義や、投票結果が日本の国政や外交に及ぼす影響について話を聞いた。