Dominique Soguel-dit-Picard

専門分野:多国籍企業、国際関係、社会、移民、テロリズム、幼児の面白行動。 イニシャル:ds

マルチメディア・ジャーナリスト。AFP通信で国際報道記者としてキャリアを開始し、アラブの春を取材した。AP通信のイスタンブール特派員を務めた後、2016年にスイスに移住。母語は英語とスペイン語で、スイスにルーツを持つ。趣味は旅行。コーヒーを飲みながら(お茶はお断り!)イタリア語、アラビア語、フランス語で雑談することが好き。

英語編集部

おすすめの記事

コロナで在宅勤務、雇用主は家賃の補助が必要?

このコンテンツは 2020/06/05 新型コロナウイルス危機により急増した在宅勤務を巡り、法律的な問題が浮上している。スイス連邦裁判所(最高裁)は4月、在宅勤務が雇用主によって義務付けられた場合は雇用主が従業員の家賃を補助しなければならないとの判決を下した。これは2019年の提訴に対する判決だったが、どこまで適用される原則なのだろうか?

おすすめの記事

COVID-19の「免疫パスポート」導入に賛否

このコンテンツは 2020/05/21 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する免疫力を証明する「デジタルヘルスパスポート」の開発が、スイスのテクノロジー企業と医療研究者らによって進められている。だが感染歴があれば本当に免疫が付くのか、まだ科学的には証明されていない。免疫の有無に応じて人々を区別すれば、スイスや同じ選択肢...

おすすめの記事

コロナ危機でも毎朝コーヒー 裏に商品取引企業の努力

このコンテンツは 2020/04/05 私たちが毎朝コーヒーを飲んだり、パイナップルやキウイを食べたりできる裏には商品取引企業の努力がある。スイスのコモディティ(汎用品)業界は他業界よりもコロナ危機への対応力が高いとされる。コモディティの多くは国の備蓄戦略の対象であり、商品取引企業には市場変動に対応してきた経験があるためだ。

おすすめの記事

資源大手グレンコア 透明性向上への取り組み

このコンテンツは 2019/06/18 スイスの資源大手グレンコア。同社を巡ってはいくつもの訴訟が起き、人権問題もしばしば取りざたされている。同社が手がける事業は広範にわたるが、その隅々まで人権を守る「正当な注意義務(デューデリジェンス)」をどう進めるかについて、同社の持続可能な開発担当部門の責任者に話を聞いた。

おすすめの記事

イケアCEOが語る スイス流・ジェンダーギャップの縮め方

このコンテンツは 2019/01/23 スイス・ダボスで開催中の世界経済フォーラム(WEF)年次総会。ジェンダー(男女共同参画)が重要テーマの一つだが、参加者は圧倒的に男性が多い。女性参加者の一人、イケア・スイス支社のシモナ・スカーパレジャ最高経営責任者(CEO)が、男女比を同率に引き上げるまでの秘訣を語った。

おすすめの記事

グローバル化が企業にもたらす三つの課題

このコンテンツは 2019/01/21 世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)がスイス・ダボスで22日から4日間開催される。今年は「グローバリゼーション4.0」をテーマとし、ネットワーク化された世界における問題点を取り上げる。グローバル化が目覚ましいスイス企業にとって、国際舞台での立場は今後どのように変わっていくのだろうか?