Navigation

Eduardo Simantob

専門分野:文化、映画、視覚芸術、歴史、宗教、地政学。 イニシャル:ets

ブラジル・サンパウロ生まれ。ポルトガル語編集部員で文化担当。映画学および経営学の学位を取得後、ブラジル大手新聞社フォーリャ・デ・サンパウロに入社。2000年にスイスへ移住し、様々なブラジル・メディアの国際特派員を務める。チューリヒを拠点に、活字・デジタルメディアやドキュメンタリー映画の国際共同制作、視覚芸術(第3回バイア・ビエナール展、チューリヒのヨハン・ヤコブ美術館)に関わる。13~17年までルツェルン応用科学芸術大学カメラアーツコースでトランスメディア・ストーリーテリングのゲスト講師を務める。

ポルトガル語編集部

おすすめの記事

スイス最古のコレクションから生まれる未来の博物館

このコンテンツは 2021/09/08 ジュネーブ美術・歴史博物館のディレクターを務めるウォーラー氏は、想像力豊かなキュレーターであり美術評論家でもある。博物館の四方の壁を超える大胆な試みについて、そして未来の博物館像がなぜアフリカやアジアから生まれると考えるのかを語る。

おすすめの記事

韓国と北朝鮮の国境 スイス経由で越えよう!

このコンテンツは 2021/06/07 スイス人コレクター、ウリ・シグ氏のコレクション作品を展示した韓国と北朝鮮のアート展がベルン美術館で開催中だ。また、同美術館近くのスイスアルプス博物館では、北朝鮮国内で制作されたドキュメンタリー映画が上映されている。主役は、北朝鮮の社会主義リアリズムだ。

おすすめの記事

戦後を代表するドイツ人芸術家ヨーゼフ・ボイス 偽りだらけの過去

このコンテンツは 2021/05/14 ヨーゼフ・ボイスは戦後ドイツで最も注目されたアーティストの1人だ。ボイス生誕100周年に際し改訂された伝記の中では、これまで知られていなかったナチスとのつながりや、彼を押し上げたスイスの芸術出版社やキュレーターの存在が明らかにされている。

おすすめの記事

ロカルノ新芸術監督「ノスタルジーに浸ることは許されない」

このコンテンツは 2021/03/28 昨年末、ロカルノ国際映画祭の芸術監督に就任したジオナ・ナザロ氏。数々の映画祭で活躍してきたベテランのナザロ氏にとっても、ロカルノは大きな挑戦となる。今年は新型コロナのパンデミックだけではなく、映画産業の変化にも対応を迫られている。

おすすめの記事

コヨ・クオ「アートは滑らかな表面にではなく、ひび割れの中に」

このコンテンツは 2020/11/24 スイスとカメルーンの国籍を持つキュレーターのコヨ・クオさんが、スイス連邦内務省文化局のメレット・オッペンハイム賞を受賞した。現在は南アフリカのケープタウンに暮らし、世界最大の現代アートコレクションを有するツァイツ・アフリカ現代美術館(MOCAA)の館長を務めるクオさんに話を聞いた。

おすすめの記事

遠く離れたスイスで沈黙を写すテジュ・コール

このコンテンツは 2020/05/02 米国の写真家、作家、評論家のテジュ・コールは、2014年から2019年の夏をスイスで過ごし、国の至る所にある山々の間の空間や看板を探求した。それらの作品を本「Fernweh」にまとめ出版。Fernwehはドイツ語で「はるかな地への憧れ」を意味する。新型コロナウイルスで各々が孤立した今の私たちに...

おすすめの記事

スイス人船員のアマチュア映像 チューリヒ の美術展に影響

このコンテンツは 2020/03/30 活発な商船業と言うとスイスのような内陸国にはそぐわないように思えるかもしれないが、実は公海を運行する船団がある。1960年代にスイス人船員たちが撮影した映像が発見されたことをきっかけに、海に関連する現代社会の緊急課題を扱う展覧会がチューリヒで開催されることとなった。

おすすめの記事

「スイス人はみな外国人ですよね?」

このコンテンツは 2020/01/22 最新の優れたスイス映画が集結する第55回ソロトゥルン映画祭が今日開幕し、新ディレクターのアニータ・ウギさんがひのき舞台を踏む。ウギさんはswissinfo.chとのインタビューで、スイス映画やスイス人のアイデンティティーにあるお決まりのイメージを一蹴した。

おすすめの記事

スイスを代表する道化師 日本でも公演

このコンテンツは 2019/11/27 スイスと言えば時間に正確な国民性、そして時計作りの国と答える人は多いだろうが、「コメディー」を挙げる人はそう多くないのではないだろうか。しかし、スイスには喜劇においても独自の伝統があり、その第一線にいるのがマルタン・ツィンマーマンだ。日本でも公演した彼はチューリヒに凱旋。スイスのコメディーの幅...

おすすめの記事

フィリップ・グラスと物理学とジュネーブ大劇場

このコンテンツは 2019/09/13 ジュネーブ大劇場(グラン・テアトル・ドゥ・ジュネーブ)の2019〜20年シーズンは、フィリップ・グラスとロバート・ウィルソンのオペラ「浜辺のアインシュタイン」で幕を開ける。40年以上にわたって演出家たちに挑戦を挑んできた記念碑的な作品だ。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。