Eduardo Simantob

専門分野:文化、映画、視覚芸術、歴史、宗教、地政学。 イニシャル:ets

ブラジル・サンパウロ生まれ。ポルトガル語編集部員で文化担当。映画学および経営学の学位を取得後、ブラジル大手新聞社フォーリャ・デ・サンパウロに入社。2000年にスイスへ移住し、様々なブラジル・メディアの国際特派員を務める。チューリヒを拠点に、活字・デジタルメディアやドキュメンタリー映画の国際共同制作、視覚芸術(第3回バイア・ビエナール展、チューリヒのヨハン・ヤコブ美術館)に関わる。13~17年までルツェルン応用科学芸術大学カメラアーツコースでトランスメディア・ストーリーテリングのゲスト講師を務める。

おすすめの記事

遠く離れたスイスで沈黙を写すテジュ・コール

このコンテンツは 2020/05/02 米国の写真家、作家、評論家のテジュ・コールは、2014年から2019年の夏をスイスで過ごし、国の至る所にある山々の間の空間や看板を探求した。それらの作品を本「Fernweh」にまとめ出版。Fernwehはドイツ語で「はるかな地への憧れ」を意味する。新型コロナウイルスで各々が孤立した今の私たちに...

おすすめの記事

スイス人船員のアマチュア映像 チューリヒ の美術展に影響

このコンテンツは 2020/03/30 活発な商船業と言うとスイスのような内陸国にはそぐわないように思えるかもしれないが、実は公海を運行する船団がある。1960年代にスイス人船員たちが撮影した映像が発見されたことをきっかけに、海に関連する現代社会の緊急課題を扱う展覧会がチューリヒで開催されることとなった。

おすすめの記事

スイスを代表する道化師 日本でも公演

このコンテンツは 2019/11/27 スイスと言えば時間に正確な国民性、そして時計作りの国と答える人は多いだろうが、「コメディー」を挙げる人はそう多くないのではないだろうか。しかし、スイスには喜劇においても独自の伝統があり、その第一線にいるのがマルタン・ツィンマーマンだ。日本でも公演した彼はチューリヒに凱旋。スイスのコメディーの幅...

おすすめの記事

ロカルノ映画祭開幕 黒沢清監督作品は欧州最大スクリーンで上映

このコンテンツは 2019/08/07 第72回ロカルノ国際映画祭が7日から開幕した。映画祭の新芸術監督リリ・アンスタン氏の指揮の下、近年で最も大胆かつ心躍る作品が選ばれた。クロージング作品には前田敦子を主演に迎えた黒沢清監督の新作「旅のおわり世界のはじまり」が上映される。...