Frédéric Burnand

主な担当分野:ジュネーブの国際機関が発表する主な話題。 イニシャル:fb

人間社会に強い関心があり、人間社会を報道するための手法を熱心に研究。旅行、人との出会い、読書が好奇心の源。

フランス語編集部

おすすめの記事

「戦争と平和」 ボドメール財団が今、私たちに問いかけるもの

このコンテンツは 2020/01/09 戦争は人類の未来なのか-?国際連合(UN)と赤十字国際委員会(ICRC)の共催でマルタン・ボドメール財団が企画する特別展、「戦争と平和」が投げかける問いの一つだ。2020年3月1日まで開催される展覧会では、国連の前身である国際連盟が設立された100年前と変わらず均衡と方向性を模索し続ける世界を...

おすすめの記事

スイスと国際連盟と社会主義革命の脅威

このコンテンツは 2019/10/10 1919年の国際連盟(本部:ジュネーブ)創設は、4年にわたり欧州を荒廃させた第一次世界大戦に対する1つの答えである。また、ロシア革命の結果、レーニン率いるボリシェヴィキが社会主義政権を樹立して以来、欧州を揺さぶる社会的・革命的動乱に対する反撃でもある。当時のスイス連邦政府はこのように国民を説得...

おすすめの記事

スイス政府 引き続き死刑廃止に取り組む考え

このコンテンツは 2018/10/17 10日の世界死刑廃止デーに際し、国際人権NGOアムネスティ・インターナショナルは「死の廊下」で刑の執行を待つ死刑囚の拘禁実態を告発した。また、スイス連邦政府も「いかなる状況においても死刑を断固廃止し、死刑の無い世界の実現に尽力する」考えを新たにした。...

おすすめの記事

麻薬撲滅は幻想、東南アジアでも麻薬政策の転換進む

このコンテンツは 2017/04/28 「タイとミャンマーは、麻薬使用者の健康問題を重視する新たな麻薬政策に門戸を開き始めた。これまで麻薬に対して厳罰主義を貫いてきた両国にとっては、注目すべき進展だ」。国際NGO薬物政策国際委員会の議長を務めるルート・ドライフス元スイス大統領は、東南アジア訪問を終えて、そう語る。...

おすすめの記事

今EUが再び危うい だが「耐久性あり」とスイスの専門家

このコンテンツは 2017/03/24 欧州連合(EU)の起源となったローマ条約。明日は、この条約が1957年3月25日に調印されてから、ちょうど60年目に当たる。ところが、EUが今ほど危ういときはないように見える。「だが、今よりもっと危機的な状況を何度も経験してきた」と、EUに詳しいルネ・シュヴォック教授は言う。...

おすすめの記事

デル・ポンテ氏、アサド大統領を「史上最悪の犯罪者の一人」と糾弾

このコンテンツは 2017/03/06 国連調査委員会は、シリア紛争での当事者双方が戦争犯罪を犯したと非難している。また、昨年9月には人道援助の車列がシリア政府によって意図的に攻撃されたと指摘。国連調査委員会のカルラ・デル・ポンテ調査官は、シリアのアサド大統領は法廷で裁かれるべきだと、スイス公共テレビの取材で語った。...