Navigation

Geraldine Wong Sak Hoi

専門分野:ファクトチェック、誤情報、ニュースの未来。イニシャル:gw

2014年、ソーシャルメディア上の噂について調査を行うswissinfo.chの共同研究プロジェクト「Pheme」のメンバーに加わる。現在はswissinfo.chで「ファクトチェック」を担当。スイスに関する(誤った)情報について調査し、細部に厳しい目を光らせる。ネット上の誤情報については調査を継続中。

英語編集部

おすすめの記事

スイスのマスク問題 政策が国民の意識に与えた影響

このコンテンツは 2020/08/28 「マスクの必要性」は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)以来、ずっとスイス当局につきまとってきた問題だ。政策変更のたびに、政治的にも国民の間でもさかんに議論されてきた。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との戦いにおいて、いまだにマスクが完全に受け入れられていないのは政府の責...

おすすめの記事

新型コロナ スイス政府のコミュニケーション戦略は成功したか

このコンテンツは 2020/05/31 街の広場に掲示された、感染予防対策を訴える赤とピンクのポスター。夜のニュースに出ずっぱりの大臣たちー。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に際し、連邦政府は自身のコミュニケーション戦略に骨を折ってきた。政府の効果的な情報伝達は、感染の抑制に寄与したのだろうか。

おすすめの記事

スイスの「緊急事態」法制

このコンテンツは 2020/03/13 新型コロナウイルスの拡大防止策として、スイス連邦政府は13日、全国の小中学校を休校にし、100人以上が集まるイベントや施設の営業を禁止した。こうした措置は国民生活に多大な影響を与え、経済損失も免れられない。感染症の拡大を防ぐために、スイス当局はどこまで強権を発動できるのか。

おすすめの記事

報道の自由で試されるスイスの中立性

このコンテンツは 2019/09/11 昨年、著名なサウジアラビア人記者が殺害された。この事件を受けて出された、殺害を糾弾する国際共同声明にスイスは賛同しなかった。そのためジャーナリストやその支持者たちからは、スイス政府が世界の報道の自由を守るためにどれほど真剣に働きかけているのかと疑問視する声が聞かれた。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。