Jessica Davis Plüss

専門分野:多国籍企業、職場、男女平等。米国に移住したスイス人を記事に取り上げることも。 イニシャル:jdp

巨大多国籍企業がスイスなど各国に及ぼす影響について、良い面も悪い面も醜い面も取り上げる。出身地の米サンフランシスコとスイスとのつながりを常に模索。サンフランシスコはこれまで画期的なイノベーションを生み出してきたが、住宅危機を解決できていない。その理由を大いに語りたいと考えている。

おすすめの記事

スイス企業ロンザ 米モデルナのワクチン製造で提携

このコンテンツは 2020/05/23 スイスのバイオテクノロジー大手ロンザは、米モデルナの新しい「メッセンジャーRNA(mRNA)」技術を用いた新型コロナウイルス感染症(Covid-19)ワクチンの製造に向け、同社と提携契約を結んだと発表した。ロンザのアルベルト・ベーニー最高経営責任者(CEO)は臨床試験が成功すれば、今年中に数億...

おすすめの記事

COVID-19はバイオテクノロジーへの脅威とチャンス

このコンテンツは 2020/05/07 新型コロナウイルスのパンデミックは、スイスのバイオテクノロジー業界がスポットライトを浴びる絶好のチャンスだ。その一方で、多くの中小企業は生き残りに苦戦している。業界が抱える問題、治療薬とワクチン開発への取り組みについて、スイスバイオテク協会のトップに話を聞いた。

おすすめの記事

職場で役立つ「心の知能指数」 スイスのテストで測定

このコンテンツは 2020/04/16 「感情知能(心の知能=EI)」は職場でますます求められるスキルになってきているが、会社側にとっては誰にその能力があり誰にないのかわかりにくい。スイスの科学者が開発したテストは、履歴書からは分からないこの知能の高さ(EQ)を測定しようとするものだ。

おすすめの記事

ダボス会議の「脱・株主第一主義」に冷ややかな目線

このコンテンツは 2020/01/21 世界中の政財界のリーダーが、スイス東部のダボスに集結するようになって50年。ダボス会議と呼ばれる世界経済フォーラム(WEF)の年次総会は、招待者限定で口先だけの議論と批判されがちだ。具体的な行動を求める声が高まるのを受け、WEFの主催者は汚名返上を試みるが、風当たりは強い。

おすすめの記事

製薬大手ロシュのテック人材争奪戦

このコンテンツは 2019/12/17 「リアルワールドデータサイエンティスト」や「デジタルトランスフォーメーションマネージャー」といった職種と老舗の製薬会社を結びつけて考えられる人は少ないかもしれない。しかし、これら新分野の人材獲得に余念がないのが、データ活用やデジタルヘルス分野で飛躍を狙うスイスの製薬大手ロシュだ。