Julia Crawford

専門分野:外交、人権、移行期正義。 イニシャル:jc

世界の様々な場所を旅してきた英国出身記者。ラジオおよび活字媒体に従事してきた経験を持つ。担当分野はアフリカ情勢、移行期正義。

おすすめの記事

対イラン人道貿易協定、コロナ禍で実施に遅れ

このコンテンツは 2020/08/07 国交を断絶した米国・イランの仲介役を務めるスイスは、米国の対イラン経済制裁に抵触することなく、スイス企業が医薬品やその他の人道支援物資をイランに届ける仕組みを実現させた。しかし、コロナ禍で実施が遅れている。協定がどれほどイランの人々の助けになるのかは未知数だ。

おすすめの記事

戦争犯罪容疑者を裁く スイスで期待高まる

このコンテンツは 2020/04/03 非軍事裁判所におけるスイス初の戦争犯罪裁判が年内に行われる見込みだ。スイスの人権NGO(非政府組織)トライアル・インターナショナルによると、国際法上の重大犯罪について発生地や加害者の国籍に関係なく自国で裁く「普遍的管轄権」を行使する裁判が世界中で増えている。スイスでも同様の事件が複数捜査中だが...

おすすめの記事

紅海のサンゴ研究プロジェクトでスイスの「科学外交」に脚光

このコンテンツは 2019/11/08 中東・紅海のサンゴには、気候変動による海水温度の上昇に耐える特別の能力がある。このようなサンゴの保護に協力できる科学者たちが紅海沿岸諸国にはいるが、国同士の関係は複雑だ。スイスは、同国が力を入れる「科学外交」を通じて、これらの国々をまとめようと働きかけている。

おすすめの記事

スイス生まれの最新地質図作成技術 南スーダン難民の生活を改善

このコンテンツは 2019/05/06 難民キャンプで最初に直面する試練の1つは十分な水を確保することだ。飲用、調理、洗濯、掃除のために、1日につき1人当たり最低20リットルの水が必要だ。スイスで開発された技術によって、ウガンダの難民キャンプにおける水の供給量は4倍に増えた。どのような技術なのか?他の場所にも応用することができるのだ...

おすすめの記事

男女平等、スイスはルワンダから何を学べるか?

このコンテンツは 2019/04/05 世界経済フォーラム(WEF、本部ジュネーブ)が各国の男女格差を測るジェンダーギャップ指数によると、ルワンダは男女格差が世界で6番目に少ない一方で、スイスは20位だ。この結果を話題にすると、ルワンダのジェンダー監視局局長ローズ・ルワブヒヒさんは、まず大笑いし、そして、25年前に起きた大虐殺後に改...

おすすめの記事

ミャンマーの平和促進に挑むスイス人

このコンテンツは 2018/11/30 約100万人が国外に逃れ、政府が民間人と軍部から構成され、トップ政治家がジェノサイド(集団虐殺)の罪で起訴されている国、ミャンマー。国連特使を務めるスイス人のクリスティン・シュラーナー・ブルゲナー氏は、この国で平和を促進させるという難しい任務に立ち向かっている。