Katy Romy

関心テーマ:連邦政治、社会問題、移民、映画、ソーシャルメディア。 イニシャル:kr

ベルン在住記者。社会問題、政治、ソーシャルメディアに関心を寄せる。以前はジャーナル・デュ・ジュラ紙、ラジオ・ジュラ・ベルノワなど地方メディアの編集部に勤務。

フランス語編集部

おすすめの記事

スイスで目覚めたフランス人の新型肺炎患者

このコンテンツは 2020/05/14 3月、新型コロナウイルスの波が欧州を襲った時、フランスの病院の受け入れ能力は限界に達した。でも隣国スイスにはまだ余力があった。スイスは仏国境の病院から、新型コロナウイルス感染症患者の受け入れに同意し、これまでに49人の患者がスイスの病院で手当てを受けた。ジャン・ポール・マルタンさんはそのうちの...

おすすめの記事

政府公認の感染追跡アプリに疑問の声

このコンテンツは 2020/05/11 ロックダウン(都市封鎖)緩和が始まった今、新型コロナウイルス感染の追跡はデジタルで行われる。スイス連邦議会は5日、感染追跡アプリの導入には法的根拠が必要だという動議を可決した。一部の人は、このアプリが日常生活に戻る一手になると期待するが、プライバシーの侵害を懸念する人もいる。

おすすめの記事

スイスの「ミスター・コロナ」って何者?

このコンテンツは 2020/03/29 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がスイスに上陸して以来、この人をテレビで見かけない日はなくなった。ドイツ語圏ではヒーロー扱いだが、フランス語・イタリア語圏では憎まれ役。スイス連邦保健庁感染症班のダニエル・コッホ氏(64)は、スイスのCOVID-19対応の最前線に立つ。

おすすめの記事

ホモフォビア違法化は言論の自由の侵害か

このコンテンツは 2020/01/17 同性愛者差別を今なお容認し続けるべきか。スイスでは2020年2月9日、この問いに対し有権者が判断を下す。ホモフォビア(同性愛嫌悪)を刑事罰の対象とする法案を「言論の自由の侵害」だとして、超保守派グループがレファレンダムを提出したためだ。LGBTIQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランス...

おすすめの記事

子供を望む同性カップルに立ちはだかる法律の壁

このコンテンツは 2019/12/12 スイスで同性愛者が子供を持ち家族になりたい場合、いばらの道を歩むことになる。法律上の問題点や煩雑で時間のかかる手続きなど、平等と呼ぶには程遠い扱いをされる。同性カップルは、総選挙後の新議会が取り組むプロジェクト「全ての人に結婚の自由を」が現状改善の突破口になると期待を寄せる。

おすすめの記事

無償で働くのは愛があるから

このコンテンツは 2019/10/29 農業に従事する女性の約7割は無給だ。そのため、彼女たちは「無職」と見なされている。給料を受け取ったことがなく、社会保障制度による補償を十分に受けられなかったモニークさん*は、離婚と同時にすべてを失った。このような問題を避けるため、ロランス・ジョバンさんとフィリップ・ジョバンさん夫妻は、農場関連...

おすすめの記事

スイスの選挙運動 こんなにつまらないのはなぜ?

このコンテンツは 2019/10/14 2019年のスイス連邦議会総選挙(20日投開票)までもうすぐ。だがこの国では、日本のように選挙カーが往来したり、たすきをかけた候補者が辻立ちすることもない。選挙運動らしい選挙運動をしないのは、なぜなのだろうか。ある政治学者は「直接民主制の国だからだ」と話す。

おすすめの記事

若い女性の乳がん、どうしたら防げる? スイスの専門家に聞く

このコンテンツは 2019/10/05 10月は乳がん予防キャンペーン「ピンクリボン」月間だ。乳がんは40~50歳女性の死亡原因第1位だが、最近は若い患者も増えている。ジュネーブ大学病院乳がんセンターのアレクサンドル・ボドマー医長は、スクリーニングの技術的進歩が若年齢化を食い止めるのに不可欠だと提唱する。