Larissa M. Bieler

専門分野:直接民主制(#DearDemocracy)、倫理問題、フェミニズム。言語学を学んだ者として、言葉が持つ意味と力に強い関心を持っている。 イニシャル:lmb

1978年グラウビュンデン州クール生まれ。チューリヒでドイツ語学、経済学、政治学を学ぶ。ローカルメディアでフリー記者を長年務める。2013年に地方紙ビュンドナー・タークブラット総編集長に就任。2016年1月よりswissinfo.ch総編集長。

編集主幹

おすすめの記事

カシス外相「私からスイスファーストという言葉を聞くことは絶対にない」

このコンテンツは 2019/09/16 スイスのイグナツィオ・カシス外務相は、広がりを増したこの世界で、スイスのアイデンティティの意義を強化しようとしている。外相はこのほど、今後10年の国の外交政策がどうあるべきかを示す「2028年のスイス外交政策のビジョン」を策定。スイスインフォは外相に独占インタビューし、その意図を聞いた。

おすすめの記事

スイスの女性航空機パイロット、自身の航空会社立ち上げから30年

このコンテンツは 2018/08/02 ヘレーネ・ニードハルトさんの名前が新聞の見出しに踊ったのは1980年代のこと。彼女は当時、スイスでは数少ない職業パイロットだった。しかし、女性であるがゆえに雇ってくれる航空会社はどこにもなかった。でも、空を飛びたいー。彼女が選んだのは、自分の航空会社を立ち上げる道だった。

おすすめの記事

「公共放送受信料を廃止」議会で舌戦、議員の発言は正しいのか?

このコンテンツは 2017/10/04 年間451フラン(約5万2500円)の公共放送受信料を廃止するよう求めたイニシアチブ「ノー・ビラグ」は25日までに、スイスの全州議会、国民議会でそれぞれ否決された。公共放送の受信料をめぐっては、これまで議員たちが激しい舌戦を繰り広げたが、その発言内容は正しいのだろうか。スイスインフォがファクト...

おすすめの記事

戦争遺跡の核シェルター、閣僚には個室も

このコンテンツは 2017/05/09 スイスの地下には驚くような世界がある。敵襲から身を守るために作られた核シェルターが国のあちこちに広がっているからだ。通行可能な空間を一列に並べると全長約3780キロメートルのトンネルになる。これはチューリヒからイラン・テヘランに至る距離で、国の領域に対する比率でみれば世界に類を見ない数字だ。ジ...

おすすめの記事

死を巡る議論―自殺天国のスイス

このコンテンツは 2016/07/11 不治の病であれ、生きるのに疲れたのであれ、死について議論する際、自己決定が最も重要であり最後の論拠となる。大多数の人が生の終え方を自分で決めたいと望む。スイスで広く受け入れられている自殺ほう助は、致死量の薬を摂取することで死を迎えるが、この最期の行為は患者本人が行わなければならない。事前に医療...

おすすめの記事

民主主義のツールとしてのスイス放送協会

このコンテンツは 2016/04/21 「スイスの国営ラジオ・テレビ局は民営化されるべきだ」。保守右派のこの狙いが議論されるとき、そこに渦巻いているのが影響力やプログラムの監督、権力、そして多額のお金であることは明らかだ。このように、かかる圧力は大きいが、スイス放送協会(SRG SSR)は守りの体勢を取っているわけではない。...

おすすめの記事

未来は民主的

このコンテンツは 2016/02/26 スイスの国の古称「ヘルヴェティア」。これは、「スイス」とは異なる、特別な響きと意味合いを持つ呼び名である。「ヘルヴェティア」は素晴らしい国、強い国だ。その理由は民主主義にある。この国の村の中では、どこよりもしっかりと建設的な議論文化を体得できる。各自治体で開かれる集会は、行為や動機や参加者を概...