Luigi Jorio

主な担当分野:気候、エネルギー、環境、移民、人権。 イニシャル: lj

ティチーノ出身記者。現在はベルン在住。科学および社会問題について取材、分析、執筆を手掛ける。気候、エネルギー、環境問題、移民、開発援助、人権全般に関心を寄せる。

おすすめの記事

スイスの看護師 安月給とストレスに縛られる厳しい現状

このコンテンツは 2020/05/12 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が続く中、看護職員は根気強く仕事を続けている。だが、病院での仕事は普段でもストレスが多く、フラストレーションがたまりやすい。個人に与える影響も甚大だ。スイスの看護師たちを取り巻く実態はいかなるものか。

おすすめの記事

コロナ危機はスマホ追跡を正当化するのか

このコンテンツは 2020/04/07 新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、スイスはスマートフォンの監視を通じて人が集まっている場所を探知しようとしている。このような対策を取る場合、明白で透明な規則を作らなければ、市民は永続的に国の監視下に置かれることになりかねないと、情報セキュリティおよび新技術の専門家であるアレッサンドロ・...

おすすめの記事

コロナ危機前から危機にあったスイスの医療

このコンテンツは 2020/04/03 医療機関で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応に当たる医療従事者を称え、スイスでは毎晩家々のバルコニーから拍手が送られる。一方、スイス政府は医療従事者の労働・休憩時間に関する規制を一時的に緩和した。だが医療従事者の不足はコロナ危機で初めて起きたわけではない。

おすすめの記事

隔離措置を無視したらどうなる?新型コロナ

このコンテンツは 2020/03/13 電車の中でわざとほかの人の顔に向かって咳をする、隔離措置を守らず外出する、イタリアに住む人が移動制限を無視してスイス南部のティチーノ州に来る―。新型コロナウイルスの影響で日常生活に様々な規制がかかっているが、これを無視したら罰せられるのだろうか。

おすすめの記事

COP25に託された地球の未来

このコンテンツは 2019/12/02 本日からマドリードで開催される第25回国連気候変動枠組条約締約国会議(COP25)に際し、スイス政府は「パリ協定を効果的に実施するための基盤を築くことは必須」と表明している。2050年までに温室効果ガスの排出量をゼロにすることを目標に掲げるスイスだが、NGOはそれだけでは不十分だという。会議の...