Marc-André Miserez

関心テーマ:正確な科学(特に素粒子物理学、宇宙物理学、天文学)、ロック音楽(意外かもしれないが、今でも聞く人はいる...)。

スイス・フランス語圏の地方メディア(活字媒体およびラジオ)でキャリアを開始。2000年、swissinfo.chに生まれ変わる移行期中のスイス国際放送に入社。以降は政治、経済、文化、科学などあらゆるテーマで記事を執筆。ときに短編動画の制作にも携わる。

おすすめの記事

ワクチン開発はできるだけ迅速に、必要に応じてゆっくりと

このコンテンツは 2020/05/24 現在、世界各地で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン開発が急ピッチで進んでいる。ウイルスによる行動規制を大幅に緩和するには、ワクチンの存在が欠かせないためだ。しかしゴールへの道のりは、短距離走というより息の長いマラソンだ。承認へのプロセスは長く、またそれには正当な理由がある。...

おすすめの記事

宇宙探査 小国スイスの大きな貢献

このコンテンツは 2020/04/18 ノーベル物理学賞をスイス人科学者が受賞。ミシェル・マイヨール氏とディディエ・ケロー氏は、世界で初めて、太陽系外の恒星を周回する惑星を発見し、にわかに世界がこの話題で持ち切りになった。ジュネーブ大学の天体物理学者2人の受賞は、彼らが太陽系外惑星探査のフロントランナーであることをスイス人の胸に深く...

おすすめの記事

ブライアン・メイ、アポロ11号の宇宙飛行士らチューリヒに集結

このコンテンツは 2019/06/30 チューリヒで24~29日開かれた、音楽と天文物理学の祭典「スタームス・フェスティバル」。クイーンのギタリスト、ブライアン・メイ氏らが立ち上げた同フェスは今年で5回目。人類初の月面着陸が成功した1969年から50周年を記念し、アポロ11号の宇宙飛行士らそうそうたるメンバーが顔をそろえた。

おすすめの記事

天文学と音楽が融合する世界 チューリヒで第5回スタームス・フェスティバル

このコンテンツは 2019/06/21 ガリク・イスラエリアン氏とロックバンド・クイーンのギタリストのブライアン・メイ氏には共通点がある。それはミュージシャンでもあり、天文物理学者でもあることだ。この2人の出会いが心と魂、感性に訴える祭典「スタームス・フェスティバル」を生み出した。天文物理学と音楽を融合させたこのイベントは今年で5回...

おすすめの記事

地球は海だけの惑星だったかもしれない ― 超新星がもたらした偶然とは

このコンテンツは 2019/05/14 地球が「命の惑星」になったのは、宇宙で偶然起きた大災害のおかげかもしれない。スイス、ドイツ、米国の若い研究者らがそんな仮説を打ち立てた。その核心となるのはアルミニウム26と呼ばれるガス雲、新しく形成される惑星に存在する水の量、そして超新星の役割だ。