Marcela Aguila Rubín

専門分野:社会およびラテンアメリカに関する話題。

ジャーナリズムの学士号を持ち、メキシコとスイスの報道機関での実務経験が豊富。関心テーマは暮らしと老化。スペイン語で記事を執筆。

スペイン語編集部

おすすめの記事

在スイス外国人ジャーナリスト3人が語る「職業ゆえの亡命」

このコンテンツは 2019/08/28 報道の自由は、自由な意見形成が行われるための前提条件だ。それなくして民主主義は機能しない。しかし、この自由が存在しない国もある。スイスインフォは、母国で迫害されスイスに逃れてきたコロンビア、イエメン、そしてアゼルバイジャンのジャーナリスト3人に話を聞いた。

おすすめの記事

進む高齢化 服役囚にも人らしい死を

このコンテンツは 2019/08/23 スイスの刑務所で服役囚の高齢化が進んでいる。2017年には50歳以上の服役囚が828人いた。しかしいまの刑務所は20~30歳の犯罪者を想定しているため、高齢者層に対応したインフラが整っていないのが現状だ。刑務所はもはや、更生するだけでなく服役囚が生涯を終える場にもなりつつある。

おすすめの記事

スイス高齢者諮問委員会 「高齢者について議論するのではなく、高齢者と共に議論を」

このコンテンツは 2018/04/11 スイス連邦政府が2001年に設置した「スイス高齢者諮問委員会」は高齢者が直面する問題に目を向け、高齢者の声を届ける場と機会を提供してきた。だが高齢者のニーズにより的確に応えていくには、まだ多くの課題が立ちはだかっている。

おすすめの記事

「死者が生者に知らしめる」 真実に対する権利の研究、スイスで進む

このコンテンツは 2016/11/30 メキシコで見つかった秘密の埋葬地、アルゼンチンの軍事政権下における3万人の行方不明者、スペインのフランコ独裁政権後の民主化をめぐり、交わされた「沈黙の協定」、コロンビア和平、シリア内戦による多くの犠牲者―。いずれも真実と正義が欠落した人権問題だ。こうした人権侵害の責任者が罪に問われないとき、過...