Patricia Islas

主な担当分野:社会、直接民主制、司法、人権、スイスとヒスパニック諸国との関係、マルチメディア制作、swissinfo.chのコンテンツをSNSで拡散すること。 イニシャル:IP

1999年にswissinfo.chの前身であるスイス国際放送に入社。現在も記者として活躍。以前はメキシコで調査報道記者やテレビレポーターを務めた。

おすすめの記事

世界で最も美しい書店

このコンテンツは 2019/12/21 デジタル時代の今、大勢の見学者が押し寄せる書店がある。アルゼンチン・ブエノスアイレスの「アテネオ・グランド・スプレンディッド」だ。オーナーは、アルゼンチンとスイスの国籍を持つリカルド・アルトゥロ・グリューンアイゼンさん(68)。築100年の劇場を書店に改装後、年間100万人もの見学者が世界中か...

おすすめの記事

スイスの母乳育児の今

このコンテンツは 2019/02/06 スイスでは、新生児に母乳を与える母親の割合は95%だ。ところが母乳育児に対する偏った見方はまだ多く、「あなたの母乳は足りてない」「おっぱいをあげるとバストが崩れる」「母乳をあげるのがよい母親だ」など一方的な意見が飛び交う。スイスの授乳事情について2人の専門家に話を聞いた。

おすすめの記事

ダボス会議って?10の疑問に答えます

このコンテンツは 2017/01/17 毎年1月、スイス東部のダボスで開かれる世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)。世界のビジネスリーダーや首相らが一堂に会する会議だが、会議の参加費やメンバー企業の年会費はいくらなのか。また開催国のスイスは警備に一体どれくらいの予算を投じているのか。スイスインフォが調べた。...

おすすめの記事

スイスの不法滞在者7万6千人に―2015年調査、安価な労働力に需要

このコンテンツは 2016/07/13 スイスに住み、働くことは多くの外国人にとっての夢だ。しかし、不法滞在だったら―。スイス連邦移民事務局の2015年調査で、国内の不法滞在者が7万6千人に上ることが分かった。出身地域別では中央、南アメリカが最多。スイスの経済市場において安価な労働力に対する需要は根強く、不法滞在者が後を絶たない現状...

おすすめの記事

スイス、気候変動による高山地帯の水害リスク削減に協力

このコンテンツは 2014/12/04 地球温暖化の影響で氷河の溶解が進んでいる。氷河が貴重な水資源となっている南米アンデス山脈やヒマラヤの高山地帯では深刻な問題だ。氷河の変化を分析して、溶解による水害リスクを最小限に抑えるため、ペルーとインドはスイスの協力を得て雪氷学の専門家育成講座を開設した。...