Navigation

Simon Bradley

専門分野:国民、政治、芸術、モバイル・ジャーナリズムの世界の探求。 イニシャル:sb

英ロンドン生まれのマルチメディア・ジャーナリスト。2006年にswissinfo.ch入社。フランス語、ドイツ語、スペイン語を操る。国連などジュネーブに拠点を置く国際機関を担当。スイス・フランス語圏を中心に幅広い話題を取材。

英語編集部

おすすめの記事

急成長の電気自動車、スイスのインフラは大丈夫?

このコンテンツは 2021/04/10 昨年、世界中で電気自動車(EV)の新車販売台数が急増した。もちろんスイスも例外ではない。だがスイスでEVが今後も好調に普及し、CO2排出量削減の効果が表れるようになるには、まだ幾つかの変化が必要だ。ノルウェーなどEV先進国の経験からもそれは明らかだ。

おすすめの記事

学術論文の無料公開求める「プランS」、科学界に革命をもたらすか?

このコンテンツは 2021/03/24 インターネット上で公開された研究成果や学術論文を誰でも無料で閲覧できる「オープンアクセス(OA)出版」が今年1月に始動した。世界中の研究資金助成機関が支援する「プランS」と呼ばれるこの構想は、既に科学界に変化をもたらし始めている。

おすすめの記事

移民制限案の否決は保守政党に「平手打ち」

このコンテンツは 2020/09/28 27日の国民投票で、欧州連合(EU)との「人の移動の自由」を定めた協定破棄は反対多数で否決された。スイスメディアは、有権者が労働者の自由な移動を支持し、同案を提起した保守派・国民党の「大失敗」に終わったと評価。ただこれがEUとの二国間交渉の追い風にはならないとも述べた。

おすすめの記事

コロナ危機で問われる国連の真価

このコンテンツは 2020/04/20 新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行(パンデミック)によって、国際連合(国連)システムの限界が試されている、とスイス・ジュネーブや米ニューヨークを拠点とする専門家は指摘する。財政難の問題や米中の非難合戦もある中で、国連の真価が問われている。

おすすめの記事

スイスの高い物価、どうしたら引き下げられる?

このコンテンツは 2020/04/10 依然として「高物価の島」のスイスでは、より物価の安い隣国へ国境を越えて買い物に行く「ショッピングツーリズム」をする倹約家が跡を絶たない。非常に高い物価やショッピングツーリズムの悪影響を懸念する政治家や消費者団体が政府に対策を要求している。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。