Thomas Stephens

専門分野:欧州政治、言語、映画。 イニシャル:ts

英ロンドン生まれ。英インデペンデント紙の記者を経て、2005年にベルンに移住。スイスの三つの公用語を話す。趣味はスイス国内を旅行しながら、パブ、レストラン、ジェラート専門店などでこれらの言語を使ってみること。

英語編集部

おすすめの記事

コロナ後のスイス映画館 待ち受けるのはハッピーエンド?

このコンテンツは 2020/06/03 コロナ規制が緩和されても、スイスの映画館の経営者は、営業を再開すべきなのか?どの作品を上映すべきか?実際に観客は戻ってくるのか?と思いを巡らせている。全ての映画館や劇場が閉鎖された3月16日以来、映画産業が直面している心の揺れを、ある映画館オーナーが語った。

おすすめの記事

スイス老舗チョコ「レダラッハ」にボイコット なぜ?

このコンテンツは 2020/01/26 スイスのチョコレートブランド「レダラッハ」創業者一族が、同性婚や中絶の権利に反対する活動を支援しているとして、LGBTQ団体などがレダラッハの不買運動を続けている。ヨハネス・レダラッハ最高経営責任者(CEO)が、ドイツ語圏の日曜紙に、自身は「女性差別主義者ではない」が「異なる意見を持つ」と反論した。

おすすめの記事

U-17W杯優勝のスイス代表チーム、今は?

このコンテンツは 2019/11/15 2009年、サッカーのU-17ワールドカップ(W杯)でスイスが初出場・初優勝を果たしてから今日でちょうど10年。国内ファンとメディアは当時、このチームがいつかW杯の大舞台でも優勝トロフィーを手にしてくれるだろうと大きな夢を描いた。当時、17歳以下だった選手たちは現在どこでプレーしているのだろうか。

おすすめの記事

連邦議会で4カ国語に同時通訳 一体どうやって?

このコンテンツは 2019/09/30 連邦議会は年に4回、政治家が首都ベルンに集まり、さまざまな政治課題を議論し、投票を行う。ただスイスは公用語が4つあり、政治家の母国語もドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語と異なる。議会の公式通訳の1人は、全員に現場で起きていることを等しく理解してもらうのはとても難しく、ストレスは多い...