Navigation

Skiplink navigation

Veronica DeVore

専門分野:教育・職業訓練制度、移民、政治、スタートアップ企業、イノベーション。 イニシャル:vdv

スイス系米国人記者。スイスと米ウィスコンシン州にルーツを持つ。主な取材テーマは教育、移民、若者問題。チーズを記事に取り上げることも。ポッドキャストの制作やソーシャルメディアチームの活動にも従事。

編集主幹

おすすめの記事

五輪のリンクで実感した「スイス代表」

このコンテンツは 2018/04/22 フィギュアスケートのアレクシア・パガニーニ選手(16)は米国生まれ。2018年の平昌(ピョンチャン)五輪で、スイス代表として初めて冬季五輪の大舞台に立った。世界のどこにいてもフィギュアと二重国籍が付いて回るパガニーニ選手だが、「母国」と呼ぶのはスイスだ。...

おすすめの記事

銃好きのスイス、規制の歴史

このコンテンツは 2017/10/06 スイスの銃規制法と銃の所持率の高さは、この国が銃を所持する権利や国民軍の必要性を深く信じていることと関係している。何世紀も前には、一部の州で、男性は銃を持っていないと結婚が出来ないと定めた法律もあったほどだ。しかし、最近の国民投票や欧州連合(EU)との合意によって、誰がどんな銃を所持していいの...

おすすめの記事

地盤の緩い登山道 スイスの山での安全対策は

このコンテンツは 2017/09/01 スイス南東部のグラウビュンデン州で8月下旬、大規模な土砂崩れが発生した。ふもとのボンド村が土砂に飲み込まれ、8人のハイキング客が未だ行方不明だ。温暖化の影響でこれらの自然災害は増加傾向にあるが、登山道での安全をどのように確保したらいいのだろうか。...

おすすめの記事

FBの中傷的内容に「いいね!」 スイスで有罪判決

このコンテンツは 2017/07/07 チューリヒの裁判所で5月29日、フェイスブック上の中傷的な投稿に「いいね!」ボタンを押し、他のユーザーに情報を拡散したことで名誉毀損罪に問われていた男性に有罪判決が言い渡された。この有罪判決をめぐりスイスでは議論を呼んでいる。インターネットの法律専門家マティス・ケルン氏は、ネット上の問題に関す...

おすすめの記事

新20フラン札について知っておきたい20のこと

このコンテンツは 2017/05/18 スイスで17日、新20フラン札(約2200円)の流通が始まった。新札の特徴は?生産コストはどれくらい?どこで印刷されているの?新札にまつわる20の事柄を紹介する。 1.まずはベルンとチューリヒの銀行で、数日後にはスイス全国の銀行で入手可能になる。...

おすすめの記事

見習い研修制度に必要なのは、若者たちへの信頼

このコンテンツは 2016/09/07 10代の若者にハイテクな機械を操作させてもよいのか?その若さで仕事に従事させてもかまわないのか?スイスから職業訓練についてのアドバイスを受け、この制度を推進しようとしているアメリカやブルガリアは、若者を信頼してこのような問いに「イエス」と答える必要があるだろう。