ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

秋の風物詩 牛じゃないけど「牧くだり」

山を下るラマ・アルパカの群れ


(Keystone/Urs Flueeler)

南米産の家畜、ラマやアルパカを飼育する農家がスイス国内で増えている。乳や毛の生産に使うためだ。アーノルド・リュギビュールさん一家の農場は1994年にラマとアルパカが仲間入り。乳牛と同じように、毎年夏の終わりになると、越冬のためにアルプスの山から谷に下りる「牧くだり」をする。

 26日、リュギビュールさんは飼育するラマ、アルパカ131匹を連れ、ベルン州キエンタールのゴルネレン、グリエンスアルプから谷に下った。

 ラマとアルパカはペルー、ボリビア原産で、いずれもラクダの仲間だ。互いに良く似ているが、大きさや毛並み、顔の形で見分けることができる。性質も異なり、人間は長年にわたって飼い方を使い分けてきた。


(英語からの翻訳・ムートゥ朋子)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×