ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

CO2を吸収する森林の価値 スイスの森林維持費 誰が負担するのか?

スイスの森林が果たす役割は大きい。空気中の二酸化炭素量を削減し、人に安らぎを与え、浄化された飲料水を供給するための源となっているからだ。(SRF/ swissinfo.ch

このように多くの利点を持つ森林だが、森林の管理にはそこから得られる収入よりも多くの費用が掛かっているのが現状だ。そのためスイスの森林所有者組合は、森林の経営に対し政府から補償を求める運動を行っている。

京都議定書においてスイスとその他の先進国では、森林を温室効果ガスの吸収源としてカウントすることが認められているが、スイスでは炭素クレジットが京都議定書で課せられた目標の達成に、大きく貢献している。

この炭素クレジットがあれば、温室効果ガス排出削減量が少ない他の経済分野の肩代わりをしたり、国外から購入する炭素クレジットの量を減らしたり、さらには炭素クレジットを国際市場で売ることさえ出来るからだ。

上手く管理されたスイスの森林が吸収する温室効果ガスの量を換算すると、数億ユーロ分の価値の炭素クレジットがあるという。

しかし、現在スイスで林業を行う民間企業で、京都議定書のメカニズムを通して炭素クレジットを直接要求出来ているのは3社だけだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。