スイスのアーティスト向け助成 イベント中止の補償も

テキスタイルやジュエリー、グラフィックなどのデザインの講座やスタジオは政府の緊急助成制度を利用できる Keystone

音楽家やデザイナーなどスイスでアートを仕事にする人々は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により減った収入の一部に対する補償を申請できる。

Keystone-SDA/ts

スイス政府は先月、文化業界向けに総額2億8000万フラン(約310億円)の経済対策を講じると打ち出した。連邦内務省文化局は6日、その内訳を発表。1億フランが文化関連の非営利団体に、2500万フランが個人への緊急助成に充てられる。また1億4500万フランを文化関連企業・個人の減収分の補償、1000万フランをアマチュアの音楽・演劇団体の支援に使う。

非営利の文化事業は、無利子融資を申請できる。融資額は直近の財務諸表ベースで収益の3割が上限。公的補助金は控除される。

先月20日に公布された指令によると、一連の助成・融資の対象には舞台芸術、デザイン、映画、視覚芸術、文学、音楽、博物館が含まれる。

文化関連を本業とするスイス居住の自営業者は、1日あたり最大196フラン(約2万2千円)の緊急支援を申請できる。年収が独身で4万フラン、既婚夫婦で6万フラン以下の人が対象だ。

受給には直近の直接連邦税の申告書と経済的困難の証明が必要だ。収入の損失補償は緊急支援と相殺される。

さらにイベントやプロジェクトの中止や延期、営業の停止を余儀なくされた文化業界の企業・専門家は、財政支援を受けることがえきる。キャンセルへの補償は、発生した経済的損失の最大8割をカバーする。失われた利益は補償されない。

アマチュア団体も、活動中のメンバーの数に応じて最大1万フランの補償を受けられる。

2カ月限定

出版社や楽器メーカー・販売店、ビデオショップ、ダンスクラブ、ナイトクラブは政府の緊急対策の対象外。建築会社や写真現像業者、図書館、美術品ディーラーも、資金援助を請求できない。一方、テキスタイルデザイン、オブジェクトデザイン、ジュエリーデザイン、グラフィックデザインの講座やスタジオは対象に含まれる。

文化緊急対策は、3月21日に遡って発効し、2カ月限定。連邦政府は、延長を検討している。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する