ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

世界最古? 142年前のチーズ 「食べても大丈夫」

食べられるチーズとしては世界最古?のチーズ

(Keystone)

スイス南部ヴァレー州の山村に、142年前に作られたチーズがある。持ち主の男性がスイスのニュースメディアに語ったところによると、1875年製のビンテージチーズは男性の祖母が存在をすっかり忘れ、最近まで地下室に置きっぱなしになっていたためにできた偶然の産物だった。食べても問題ないという。

 チーズの持ち主はグリメンツというフランス語圏の村に住むジャン・ジャック・ジュフュレさん。「このチーズはイエダニやネズミ、熱波を免れて来た」と話す。

 ジュフュレさんの職業は州の畜産部門の責任者。プライベートでは古くてレアなチーズを集めることに情熱を燃やしている。自宅の地下室には現在、1944年製を含む72点の標本がある。ジュフュレさんはコレクションをもっと増やしたいという。

 ジュフュレさんはスイスのニュースメディアに「お金持ちの変人に大金を払うからと言われても、自分のコレクションは絶対売らない」ときっぱり。142年前のチーズは数年前、父親が地下室で見つけた。ジュフュレさんは、自分の祖母が単にチーズの存在を忘れてしまい、父親が見つけるまでそのままになっていたのではないかという。

 ジュフュレさんの1875年製のチーズが世界最古と言い切るのはまだ早い。2014年、中国で発掘された複数のミイラ化した遺体の間から、3800年前のチーズの一部が見つかった。昨年には、スウェーデン人ダイバーが沈没船の中で340年前のチーズが見つかったと公表していた。

 世界最古でなおかつ食べられるチーズについて確実な記録は存在しないものの、ジュフュレさんは自身のチーズが有力な候補になると自信をのぞかせる。

 チーズのサンプルは3年前、有害物質が含まれていないか調べるため、ベルン州にある専門機関に送られた。検査の結果、有害なバクテリアは検出されなかった。


(英語からの翻訳・宇田薫), swissinfo.ch/mga

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×