特集

トピックスのコンテンツ

primary dossier description

特集 2018年6月10日の国民投票

6月10日に行われる国民投票では、スイス中央銀行のみが通貨を融通させる金融システム改革案「ソブリンマネー・イニシアチブ」と、オンラインカジノも賭博法に適用する「新賭博法」の二つの案件の是非がスイス国民に問われる。

特集 スイスと日本をつなぐ

スイスと日本は、1864年の修好通商条約をきっかけに、政治や貿易や教育など様々な分野において友好な協力関係を築き、文化交流も深めてきました。 ...

特集 スイスと北朝鮮

北朝鮮と国交関係を結び政治対話を定期的に行うスイス。朝鮮情勢を巡り国際交渉の仲介役を申し出る永世中立国スイスの立場や、長年に渡る人道支援をはじめ、スイスの北朝鮮との外交活動が注目されている。

特集 フィンテック

銀行の国スイスは、金融とテクノロジーを融合した「フィンテック」の分野で世界の最先端を進もうとしている。国や企業、銀行らの動きを追う。

特集 永世中立国スイスの軍事力

永世中立国スイスは軍隊を持ち、国民皆兵制を採る。成人男子は毎年、軍隊で訓練を積む。各地の山の中には欧州列強の侵略に備えて作られた軍事施設が今も残り、民家の地下室には核シェルターがある。この小国には、アルプスの牧歌的な風景だけではない別の横顔がある。

特集 私たちはLGBTIQ

LGBTIQという言葉をご存知だろうか。レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、インターセックス、クィアの人たちを英語の頭文字を取って、こう呼ぶ。スイスで性的マイノリティとして生きるとはどういうことなのか。彼らの生の声を紹介する。

特集 スイスの時計産業

スイス経済を支える屋形骨の一つ、時計産業。スマートフォンやスマートウオッチの台頭に脅かされる一方、富裕層の育つ途上国からの高給時計へのニーズはうなぎのぼりだ。伝統を守りつつも時代に合わせて変容を遂げるスイス時計産業の今と未来を追う。

特集 スイスで働く

大きく変わる社会の中で、多様化する働き方。理想の働き方を実現するには?どう仕事を選び、いかに働くのか。スイスの「働く」をさまざまな観点から見る。

特集 ローザンヌ国際バレエコンクール

若手ダンサーの登竜門として世界的に有名な「ローザンヌ国際バレエコンクール」。本特集では、コンクールの結果をはじめ、芸術監督、振付家や参加者へのインタビュー、ビデオ、写真のルポなど多岐にわたって最新ニュースをお伝えします。ライブ配信では臨場感あふれるコンクールの舞台裏のようすをリポートします。

特集 高齢化社会を生きる

少子高齢化の波が押し寄せるスイスと日本。切迫する年金財源、右肩上がりの医療費、人手不足に悩む介護施設ー。自らが望む形で幸せに老いるとは?スイスと日本が直面する高齢化社会の現状を追う。

特集 「私たちは在外スイス人」

グローバル化が進み、多くのスイス人が海外に拠点を置いて生活しています。 現在、スイス人口の10%に当たる約76万人のスイス人が国外に在住。多くの人が、スイス近隣の欧州諸国に住んでいます。 ...

特集 スイス政府に自由を奪われた子供たち

スイスでは1970年代まで、国の児童養護制度により貧しい家などの子供たちが家族から引き離され、引き取られた先の農場や養護施設で過酷な労働を強いられたり、性的虐待を受けたりしていた。彼らの受けた苦しみは、どんなものだったのだろうか。

特集 家族を育む

​​​​​​​家計を圧迫する高額な保育料、給食のない小学校、子育て環境の地域格差、法律で保護されていない男性の育児休業ー。スイスで働きながら子育てに奮闘する人たちの現状を追った。    

特集 福島原発事故と震災復興

東日本大震災に衝撃を受け、スイスにも復興支援の波が広がった。一方、福島第一原発事故はいまだ収束せず、微量被曝など多くの問題を抱えたままだ。スイスからこの原発事故をどう捉え、どう支援できるのか、探った。

特集 国民投票を知る

憲法改正に向け、日本でも国民投票の議論が深まっている。スイスは、年に4回も国民投票が行われる直接民主制の国。そんな経験豊富なスイスから、日本の国民投票のあり方について、エキスパートの様々な意見を紹介する。

特集 ワイルドライフ in スイス

このシリーズでは、自然豊かなスイスに生息する野生動植物や、それにまつわる話を12回に渡ってご紹介します。

特集 ロジャー・フェデラー

男子プロテニス界で前人未到の記録を更新し続けるロジャー・フェデラー。スイス・バーゼルに生まれ、いまや世界一のプレーヤーとも評されるフェデラーの軌跡を紹介する。

特集 ステファン・ランビエール

「氷上のプリンス」と呼ばれ、スイスが誇るフィギュアスケーター、ステファン・ランビエール。スイスインフォは、彼の競技生活からプロに至るまで、長年にわたり表現力溢れるこの「アーティスト」を取材してきた。

特集 世界最長、スイスの鉄道トンネルついに完成 !

日本の青函トンネルを抜いて、世界最長の鉄道トンネル「ゴッタルドベーストンネル」(ゴッタルド基底トンネル)が2016年6月1日、ついに完成した。この57キロの長さを誇るトンネルが貫くゴッタルドの山々は、スイスのアイデンティティーと歴史を象徴するものだ。また、スイスの四つの言語と各文化地域の交差点...

特集 スイスの原発問題と新エネルギー

福島第一原発事故を受け、スイス政府は段階的脱原発を決めた。2012年9月には、原発にとって代わる新エネルギーの推進を含む基本方針「エネルギー戦略2050」を発表した。スイスの原発の問題や新エネルギーの現状などにスイスインフォは焦点を当てる。

特集 ロカルノ国際映画祭

「ロカルノ国際映画祭」は、スイス・イタリア語圏ロカルノで毎年8月の前半2週間に開催される映画祭だ。この期間、観客約16万人とジャーナリストや映画関係者約4千人を一堂に集めて、静かなロカルノの町は「巨大な映画上映会場」に変貌する。「芸術性に優れていること」と「主張があること」を指標に、ジャンルを...

特集 私の視点

スイスインフォでは、スイス国内のテーマやスイスに関係する国外の話題など幅広いトピックスに関して外部の専門家などが書いた記事を配信していきます。さまざまな人の意見を紹介することで、みなさまの意見形成に貢献していきます。

特集 ファクトチェック by swissinfo.ch

目的は、有権者の前で議論されたり連邦議会で討論されたりする問題、公的な機関や人物による主張の事実を検証すること。事実を調査し、公に利用可能で記録された言説の正確性を判定する。

特集 ソーラー・インパルス

ベルトラン・ピカールさんとアンドレ・ボルシュベルクさんが操縦桿(かん)を握るスイスの電動飛行機「ソーラー・インパルス2」が世界一周飛行を達成。太陽光エネルギーを動力とした飛行機では世界初となった。

特集 2016年 リオ五輪

南米初の夏期五輪開催地となったブラジル・リオデジャネイロ。8月5~21日に開催のリオ五輪には、スイスを含めた206カ国から1万人以上のスポーツ選手が参加。主催する国際オリンピック委員会(IOC)本部は1915年からスイスに設置されている。IOCの他にも、スイスに本部を置く国際競技連盟は47を数える。

特集 これまでに実施されたスイスの国民投票

直接民主制のスイスでは、年に4回、国レベルで国民投票が実施され、民意が政治に反映される。1848年から現在までに、600回以上の国民投票が行われてきた。憲法改正や議会が承認した法案、国民が発議した議案の是非が問われるが、内容は多岐の分野に渡る。

特集 2018年3月4日の国民投票

 スイスの有権者は2つの議案について賛否を示す。「新財政規律2021」と年間約450フラン(約5万2500円)の公共放送受信料を廃止するよう求める国民発議(イニシアチブ)「ノー・ビラグ」だ。 ...

特集 2017年9月24日国民投票

9月24日に行われる国民投票では、年金制度改革案、老齢・遺族年金制度の付加価値税引き上げ、食料安全保障改革案の是非が問われる。

特集 2017年5月21日の国民投票

5月21日に行われる国民投票では、新エネルギー法の是非が有権者に問われる。新エネルギー法は、スイス国内にある原子力発電所全5基を順次廃止し、再生可能エネルギーの促進と省エネを推進する。

特集 2017年2月12日の国民投票

2月12日の国民投票では、移民3世のスイス国籍取得手続きの簡易化、第3次法人税改正法案、国道と都市交通のための基金(NAF)の三つの案件について国民にその是非が問われる。

特集 2016年9月25日の国民投票

9月25日の国民投票では、グリーン経済の推進を目指したイニシアチブ、老齢・遺族年金の1割増しを求めるイニシアチブ、そしてテロに備え諜報活動を強化する新法に対するレファレンダムの三つの案件について、国民にその是非が問われる。

特集 2016年6月5日の国民投票

6月5日の国民投票では、五つの案件について国民にその是非が問われる。「最低生活保障(ベーシック・インカム)」の導入案、難民法改正案、公共サービス強化案、道路関連税収の公平な使途を目指す「道路税収改正案」、着床前診断に関する法律の改正案だ。

特集 2016年2月28日の国民投票

2月28日に行われる国民投票では、四つの案件が国民に問われる。大量の難民が欧州に押し寄せる中、「外国人犯罪者の国外追放強化」を求めるイニシアチブもこうした案件の一つだ。 ...

特集 2016年11月27日の国民投票

「新しい原発の建設を禁止し、現存の原発の運転期間を45年に限定する」。これが11月27日の国民投票にかけられるイニシアチブ「脱原発」の内容だ。これが可決されれば2029年に脱原発が達成される。スイス国民は、どう判断するだろうか?

特集 2015年スイスの連邦議会総選挙

2015年10月18日、スイスでは上下両院議員を選出する総選挙が行われる。今回の総選挙の争点は?各党の打ち出す重要政策は?そして、国民が最も重要だと考えるテーマは何なのだろうか?