トピックスのコンテンツ

キング・オブ・テニス スイスでフェデラーを馬鹿にするとこうなる

テニスのウィンブルドン選手権でまさかの逆転負けを喫したロジャー・フェデラー。それでもスイス人にとっては世界に誇るヒーローだ。そのヒーローをスイスで馬鹿にすると、とんでもないことが起きる。(SRF/swissinfo.ch)

企業のスポンサーシップと株価 ナイキ、ユニクロから「冷や水」フェデラーがユニクロのウェア着用で

広告塔としてのセレブアスリート獲得を狙う激しい企業間競争の中で、ナイキに「サービスエース」を浴びせた企業がある。日本のファストファッション小売ユニクロだ。 ...

スポーツかファッションか ユニクロはスイスの英雄フェデラーにプラス?マイナス? スイス進出は?

スイス・バーゼル出身の世界的テニスプレーヤー、ロジャー・フェデラー選手のスポンサーに日本企業として初めてユニクロが加わった。地元スイスではユニクロの店舗がないためブランド知名度は低く、フェデラーのイメージアップにつながるかどうかは評価が分かれる。一部ではユニクロのスイス進出を期待する声も上がる。

テニス・ウィンブルドン フェデラーが語る「僕にとっての家族」

現在、男子テニスの世界ランク2位につけているロジャー・フェデラーが2日、ウィンブルドン選手権に出場する。36歳を迎えてもなお勝利にあくなき挑戦を続けるのは、家族の支えがあってこそだ。

フェデラー、最年長で世界ランク1位に返り咲き

男子テニスのロジャー・フェデラー選手が16日、ABNアムロ世界テニストーナメント(オランダ・ロッテルダム)で準決勝進出を決めた。これにより、フェデラーは世界ランキング1位のラファエル・ナダル(スペイン)を抜き、最年長の36歳で再び世界王者に返り咲いた。

最新ニュース

テニス界のスター フェデラー、再びスイスの「スポーツ選手大賞」に

ロジャー・フェデラー選手(36)が、スイスの今年のスポーツ選手大賞(男性部門)に選ばれた。フェデラー選手が選ばれるのは9回目。今年は全豪オープン戦やウィンブルドン選手権のほか、5つの男子プロテニス大会で優勝し、素晴らしいカムバックを果たした。

このコンテンツは2017/12/11 17:00に配信されました

サイン・オブ・ザ・イヤー 手話の流行語大賞、「ロジャー・フェデラー」に

スイスろう連盟は6日、手話の流行語大賞「サイン・オブ・ザ・イヤー」に男子テニス選手の「ロジャー・フェデラー」を選んだと発表した。フェデラー選手は連盟のサイトで、覚えたての手話を使ってファンに喜びのコメントを送っている。

最新ニュース

テニス フェデラー、ボール拾いの子供たちにピザのサービス

初心を忘れずー。男子テニスのロジャー・フェデラー(36)が29日、出身地のバーゼルで開かれたスイス最大級の室内テニス大会「スイス・インドア・バーゼル」の試合後、コートでボール拾いをする少年少女にピザを振舞った。

このコンテンツは2017/10/31 10:55に配信されました
最新ニュース

テニス全米オープン フェデラーが準々決勝で惜敗、大記録逃す

テニスの全米オープンは6日、男子シングルス準々決勝が行われ、ロジャー・フェデラー(スイス)がフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)に5-7、6-3、6-7(8-10)、4-6で惜敗。宿敵ラファエル・ナダル(スペイン)との準決勝での対戦はならなかった。 ...

このコンテンツは2017/09/07 10:42に配信されました

冷静沈着そして品行方正 妻ミルカの支えあってこそ フェデラー、テニス人生と私生活語る

テニス界の伝説ロジャー・フェデラーは、テニスコートの上でも私生活でも常に冷静沈着で品行方正だ。スイス公共放送の単独インタビューで、これまでのテニス人生と心の支えとなった妻の存在について語った。(RTS, swissinfo.ch)

ビジュアルデータ

ベストプレイヤーは誰? 男子テニス世界ランキング1位になった選手たち その過去の記録は?

「過去最高のテニス選手」は誰だろうか?男子プロテニス協会(ATP)が発表する世界ランキングで1位になったことのある選手全員の、過去の順位を比較してみた。 ...

さらに表示

トピックの関連コンテンツ

以下のコンテンツは、トピックの関連情報を掲載しています

トピックスのコンテンツ

フェデラー、20年20勝の軌跡

スイスが生んだ名プレーヤー、ロジャー・フェデラーはいかにして世界最高の選手になったのか。全試合の記録を元に軌跡をたどった。

テニスが劇に フェデラーに恋して

「フェデラーに恋して(In Love with Federer)」は、ジュネーブの小さな劇団が手掛けた演劇。2人の役者は、テニス界の王者ロジャー・フェデラーを演じようとはしない。むしろ、フェデラーがテレビ視聴者にどのような影響を与えるのかを解き明かす。(RTS-swissinfo.ch)