テニス界のレジェンド、ロジャー・フェデラー

テニス界で偉大な功績を更新し続けるスイス・バーゼル出身のロジャー・フェデラー。世界的に高い評価を受けるフェデラーのテニス人生を紹介する。

関連記事

冷静沈着そして品行方正 妻ミルカの支えあってこそ ロジャー・フェデラー、これまでのテニス人生と私生活を語る

テニス界の伝説ロジャー・フェデラーは、テニスコートの上でも私生活でも常に冷静沈着で品行方正だ。スイス公共放送の単独インタビューで、世界的トッププレーヤーとして活躍してきたこれまでのテニス人生と心の支えとなった妻の存在について語った。(RTS, swissinfo.ch) ...

ベストプレイヤーは誰? 男子テニス世界ランキング1位になった選手たち その過去の記録は?

「過去最高のテニス選手」は誰だろうか?男子プロテニス協会(ATP)が発表する世界ランキングで1位になったことのある選手全員の、過去の順位を比較してみた。  グランドスラム優勝回数、ATPポイント、世界ランキングなど、テニス選手の業績を評価する基準はさまざまだ。ロジャー・フェデラーは、

ATPワールドツアー・ファイナル フェデラー「錦織にはいつも慎重」、錦織「フェデラーは若く強い」

テニスコートだけが青い光の中に浮かび観客席は暗闇に沈んでいる。こんな儀式的な静寂さの中で繰り広げられるロジャー・フェデラーと錦織圭の戦いは、テニスというより緊張度の高い演劇のようだ。ロンドンで11日に行われたATPワールドツアー・ファイナルの2人の対戦は、フェデラーのストレート勝ちだった。しかし、

フェデラーとヒンギス、ロンドン五輪で夢のペアならず

2012年開催予定のロンドン五輪でロジャー・フェデラー(30)とマルチナ・ヒンギス(31)の最強ペア誕生が噂(うわさ)されていたが、結局2人はペアを組まないことになった。 「マルチナとロジャーはお互いに話し合い、混合ダブルスには出場しないと決めた」。フェデラーのコーチであり、

フェデラー 3大会連続優勝で2011年を締めくくる

今シーズン最強の8人が戦うテニスの年間最終戦ATPワールドツアー・ファイナル。第4シードのロジャー・フェデラーはロンドンでの大会を順調に勝ち進み、決勝に進出。 11月27日の試合では第6シードのジョー・ウィルフリード・ツォンガ(フランス)を6‐3、6‐7、6‐3で破った。 ...

フェデラー 地元バーゼルで錦織を破って優勝

昨年に続く5回目の優勝。現在ATP世界ランキング4位のロジャー・フェデラーは、幼いころから親しんできた地元バーゼルの大会、スイス・インドアーズ(Swiss Indoors)での優勝に泣いた。 決勝戦の対戦相手は日本のエース、錦織圭(にしこり けい)。21歳のホープは、世界ランキング32位だ。

ベルンでフェデラーとテニスの祭典

今日から3日間、ベルンでデビスカップが開催される。スイスはポルトガルと対戦するが、大会開催を知らせるポスターは中身に比べるとなんとも味気なく見えるほどだ。 ロジャー・フェデラーとスタニスラス・ワウリンカは一流のテニスの腕を披露してくれるだけではなく、

さらに表示

トピックの関連コンテンツ

以下のコンテンツは、トピックの関連情報を掲載しています

テニスが劇に フェデラーに恋して

「フェデラーに恋して(In Love with Federer)」は、ジュネーブの小さな劇団が手掛けた演劇。2人の役者は、テニス界の王者ロジャー・フェデラーを演じようとはしない。むしろ、フェデラーがテレビ視聴者にどのような影響を与えるのかを解き明かす。(RTS-swissinfo.ch)