兵役義務

国民投票 兵役義務に圧倒的支持

9月22日の国民投票で、スイス国民は73%を超える予想外の圧倒的多数で兵役義務の廃止を否決した。ガソリンスタンドの売店の自由化と新感染症法は可決へ。ティチーノ州では、ブルカの着用禁止を求めるイニシアチブが多数の支持を得た。 ...

さらに表示

ガソリンスタンド売店の規制緩和

真夜中のショッピング 24時間営業ショップの是非、民意を問う

スイスの小売店の営業時間は、ヨーロッパ諸国の中でも消費者に特に親切だとは言い難いものだ。9月の国民投票では、ガソリンスタンドの売店の24時間営業についても有権者の意見が問われる。ここで自由化に向けての小さな一歩が踏み出されるのだろうか。 ...

感染症法

感染症法 スイスで予防接種の義務化が争点に

スイスでは、予防接種を義務化するか否かが政治論争の焦点となっている。感染症法に新しく定められた予防接種の義務化には不満の声も多く、9月22日に行われる国民投票で最終的な結論が出る。 ...

予防接種キャンペーン インフルエンザ予防接種、医療関係者を二分

行政側の多大な努力にもかかわらず、患者や自分に季節性インフルエンザの予防接種をしない医師はまだ数多い。医療担当の行政官は、これを連帯の問題だと言う。  季節性インフルエンザの予防接種は本当に必要なのだろうか。 ...

州レベルの投票

顔を覆い隠す ティチーノ州、ブルカ禁止をめぐり投票

9月22日、ティチーノ州ではスイスで初めて、公共の場でのブルカやニカブの着用禁止をめぐって投票が行われる。これまで他の州では投票に持ち込むことすらできなかった法案だが、ティチーノ州では可決が予想されている。 ...

トピックの関連コンテンツ

以下のコンテンツは、トピックの関連情報を掲載しています

トピックスのコンテンツ

軍の暦史 年表:スイスの国防政策と兵役義務

スイス社会では、男性の兵役義務と軍の役割に関する議論が100年以上続いている。インタラクティブ年表で主な出来事を追う。 ​​​​​​​

国民主権 スイスの直接民主主義

スイスの政治制度を簡単に紹介 中立主義、連邦制、直接民主主義といった制度はスイス国家のアイデンティティの一部。いくつもの言語と宗教、そして文化が混在するスイスを一つにまとめているこの独自の政­治システムを簡単に紹介しよう(制作:swissinfo.ch、協力:在外スイス人協会)