Navigation

2014年11月30日の国民投票

主要カテゴリ

国民投票結果

おすすめの記事

投機筋が期待したスイス中銀の金保有拡大案、否決

このコンテンツは 2014/11/30 スイスでは30日、国民投票が行われ、スイス中銀の金保有量拡大案は77.3%の反対で否決された。金相場の押し上げになると世界中から注目を浴びていたが、有権者の支持は集まらなかった。環境団体による移民規制案と、一括税廃止案の是非も問われたが、両案とも反対過半数で否決となった。

エコポップ案

おすすめの記事

スイスが人口増加を抑えれば資源保護につながる?

このコンテンツは 2014/10/23 世界の人口増加を抑え地球の限られた資源を持続させようと、環境団体「エコポップ(Ecopop)」が立ち上げたイニシアチブ(国民発議)が物議を醸し出している。同団体は具体的にスイスへの移民数規制と、途上国での家族計画の促進を提案。11月30日の国民投票でその是非が問われる。...

金持ち優遇税廃止案

おすすめの記事

外国からの富裕層をゲット、それは世界で広まる競争

このコンテンツは 2014/11/05 寛大な税制優遇措置を提供し、裕福な外国人を呼び込もうとする国はスイスだけではない。特に英国とポルトガルはその筆頭だ。税金を少しでも少なく払おうと国外へ転出する納税者をいち早く糾弾するフランスでさえ、金持ちの外国人には色目を使う。スイスでは、11月30日の国民投票でこうした富裕層対象の税制優遇措...

おすすめの記事

金持ち外国人の優遇税制 廃止ならスイス自治体に大打撃か

このコンテンツは 2014/10/06 スイスには、お金持ちの外国人を対象にした税制優遇措置(一括税)を設けている州がいくつかある。だがこの制度には反対の声も多く、11月には一括税の廃止を問う国民投票が行われる。廃止となれば、裕福な外国人のおかげで潤っていた州はどのくらい損をすることになるのだろうか?

おすすめの記事

存続の危機にさらされるスイスアルプスの租税回避地

このコンテンツは 2014/02/19 富裕層の外国人を対象にした税制優遇措置である一括税。スイスでは間もなく、その廃止を求めるイニシアチブの可否が国民投票で問われる。論争の渦中にあるこの租税システムの利用者が最も多い州の一つであるヴァレー/ヴァリス州では、先行きに不安が広がり状況は緊迫している。...

スイス中銀の金保有拡大案

おすすめの記事

1人当たりの金保有量トップのスイス なぜもっと必要?

このコンテンツは 2014/11/07 国民1人当たりの金準備の量で世界一を誇るスイス。しかしそれだけでは不十分としてイニシアチブ(国民発議)提案者は、スイス国立銀行の金準備を増大するよう要求している。この是非が11月30日の国民投票で問われる。スイス人にとってなぜこれほどまでに金が必要になっているのだろうか?...

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。