投票結果

2013年3月3日国民投票 スイス国民の大多数、法外な高額報酬に「ノー」

スイスで3日に行われた国民投票で、「高額報酬制度反対イニシアチブ」は賛成68%で可決。「国土開発計画法改正案」は賛成63%で可決。「家族政策に関する連邦決議」は過半数の州の反対で否決。またグラウビュンデン州は、州民投票の結果、2022年冬季オリンピック招致を断念する。 ...

3つの案件

ワークライフバランス 国民投票で家庭にやさしい政策の是非を問う

仕事と家庭が調和した生活環境を促進しようと、連邦憲法の改正を求める声が上がった。しかし反対派は、単に税負担が増えるだけであり、不必要な国の干渉の典型だと批判する。 ...

2013年3月3日の国民投票 国土開発計画法、改正案をめぐり賛否両論

無秩序な建設ラッシュが進むスイスでは、緑地は今や希少なものとなった。政府と議会はこうした開発の波に歯止めをかける意向だが、反対派も黙ってはいない。3月3日、国土開発に関する連邦憲法改正法案がレファレンダム(国民審議)にかけられる。 ...

年収格差 年収の開き、社会的にも倫理的にも大きく

1990年代半ば以降、スイスの年収格差は広がる一方だ。国民の怒りをあらわにした二つのイニシアチブが発起されたにもかかわらず、公正な給与と法外な報酬の線引きが明確にされることはなさそうだ。 ...

トピックの関連コンテンツ

以下のコンテンツは、トピックの関連情報を掲載しています

トピックスのコンテンツ

国民主権 スイスの直接民主主義

スイスの政治制度を簡単に紹介 中立主義、連邦制、直接民主主義といった制度はスイス国家のアイデンティティの一部。いくつもの言語と宗教、そして文化が混在するスイスを一つにまとめているこの独自の政­治システムを簡単に紹介しよう(制作:swissinfo.ch、協力:在外スイス人協会)