国民投票を知る

最新の記事

おすすめの記事

沖縄県民投票は「投票率・白票割合が重要」 高良倉吉・琉球大名誉教授

このコンテンツは 2019/02/14 沖縄県は24日、米軍基地の辺野古移転問題をめぐり県民投票を実施する。元沖縄県副知事で、琉球史が専門で沖縄の対外関係にも詳しい高良倉吉・琉球大学名誉教授は、投票率や白票の割合に注目すべきだと考える。法的拘束力のない県民投票の意義や、投票結果が日本の国政や外交に及ぼす影響について話を聞いた。

おすすめの記事

沖縄県民投票は「若い世代との議論が重要」 我部政明・琉球大教授

このコンテンツは 2019/02/14 国際政治を専門とし、沖縄の政治にも詳しい琉球大学の我部政明教授は、今月24日に辺野古米軍基地建設をめぐり沖縄県民投票を実施するのは、住民による直接投票によって地域の声を明確に示そうとする動きが高まった証だとみる。この投票を実施することに、どのような意義があるのだろうか?「賛成」「反対」「どちら...

おすすめの記事

「速やかに国民投票が実施されるべき」憲法・地方自治の研究家、小坂実氏

このコンテンツは 2017/11/16 日本国憲法が公布されて71年。今、憲法改正の議論が深まっている。憲法に関わる研究を続け、国民投票の早期実施を主張する日本政策研究センターの小坂実研究部長に、国内の国民投票や住民投票のメリットやデメリットについて意見を聞いた。

おすすめの記事

「日本も国民投票で主権者の意思確認を」ジャーナリスト今井一さん

このコンテンツは 2017/10/21 スイスでは、国の課題を有権者が投票して決める直接民主制が浸透している。国民の意思をダイレクトに反映するこの制度は、日本でも可能なのだろうか?衆院選で憲法改正の是非を問う国民投票の議論が取り上げられる中、国内外の住民投票や国民投票に詳しいジャーナリスト、今井一さんにインタビューした。

関連記事

おすすめの記事

「子どもに選挙権を」 投票者年齢の不均衡への対抗策

このコンテンツは 2016/07/20 先ごろの欧州連合(EU)離脱をめぐる英国の国民投票でも再び証明されたことだが、西洋の民主主義では、投票所に足を運ぶ人の年齢は国民全体の平均年齢よりもずいぶん高い。若者よりも年長者の投票率が高いのはスイスも同じで、その結果として年長者の意見が政治に反映されやすくなっている。そのため、この不均衡を...

おすすめの記事

スイスの政治学者「投票しないことと無関心はイコールではない」

このコンテンツは 2015/10/06 国民投票や選挙など、なにかと投票の機会が多いスイス。だが総選挙の投票率はここ数十年、5割に満たない。しかし、だからといってスイスの有権者が政治に無関心と言い切ることはできないと、スイス政治学の第一人者、パスカル・スキアリーニ氏は語る。...

おすすめの記事

低迷を続けるスイスの投票率 学生たちがその原因に迫る

このコンテンツは 2015/07/14 国民投票なのに、誰も投票に行かなかったらどうだろう。スイスはそこまでひどくないにせよ、投票率は低迷を続けている。今回、チューリヒ大学政治学部の学生らはその原因を探り、改善案を提示した。各党の政策担当者は耳を傾けた方がいいかもしれない。...