トピックスのコンテンツ

専門家がその場で答えます ライブ動画で巡る美術館 パウル・クレーをバーチャル体験

スイス人画家パウル・クレーは主夫だった?クレーの「芋の袋の絵」「新聞紙の絵」って何?スイスの美術館の新館が増えているのはなぜ―?スイス首都ベルンのパウル・クレー・センターに勤める日本人研究員とスイスインフォ記者がフェイスブックライブで館内をまわり、文字だけでは味わえないクレーを体験した。

スイスの建築⑦ グラウビュンデン州フリン 奇跡の村(その4)

村の再開発後、フリンの人口は再び減少し始めた。人口減少の進行は今後も変わらぬ大きな課題だ。建築家のカミナダさんは、村の場所を変えることはできなくても、村との関わり方を変えることは可能だと訴え、どんな場所にも未来の選択肢はあると話した。

スイスの建築⑦ グラウビュンデン州フリン 奇跡の村(その3)

プロジェクトで最も斬新だったのは、「死者の居間」の建築だった。この遺体安置所に激しい反発もあったが、フリン村の住人は2000年から亡くなった村人の安置を自宅で行わなくなった。

スイスの建築⑦ グラウビュンデン州フリン 奇跡の村(その2)

中心人物である地元建築家のジオン・カミナダさんが村の開発コンセプトで大切にしたのは、「大勢の人の利益になるものを実現する」ことだった。地元の建築材料や伝統的な建築様式を用いると同時に、新しい構造の可能性を探ったという。カミナダさんは、そのような開発方法には当初、厳しい意見も飛び交ったと振り返る。

スイスの建築⑦ グラウビュンデン州フリン 奇跡の村(その1)

スイス・グラウビュンデン地方、ヴァル・ルムネツィア(ルムネツィア谷)の奥深くに佇むフリン村。人口250人に満たない小さな村だ。地元建築家らによる再開発で息を吹き返した同村は、1998年、優れた開発を行った自治体に贈られるワッカー賞を受賞。2010年にも「ヨーロッパの村リニューアル賞」を受賞した。

スイスの建築⑥ フランス語圏公共放送テレビ局RTS本社のビル(その4)

RTSビルでは、改装工事中も番組制作が続けられていた。そのような状況下で地上から50メートル以上の高さに長さ6メートルの「張り出し」部分を作る工程は、巨大なクレーンが必要だったことからも、想像以上に大変だったと建築家は振り返る。理論的には単純だが、宙に浮いた場所で行うため技術的には複雑で、資金...

スイスの建築⑥ フランス語圏公共放送テレビ局RTS本社のビル(その3)

公共放送は情報発信をして周囲に影響を与えるが、同時に外の世界を反映する存在でもある。そのメッセージを表すのは、すべてが鏡のように映りこむビルの外観だ。ディレクターのマルシャンさんはRTSビルを「町の中心部に置かれたテレビ」だと位置づける。

スイスの建築⑥ フランス語圏公共放送テレビ局RTS本社のビル(その2)

テレビ画像を作る3原色の赤青緑が彩りを添える3つのアトリウムは、RTSディレクターのマルシャンさんの希望に応えた空間だ。ここでは、どのフロアもエレベーターを使わずに行き来することができる。ただ、アトリウムのシンプルな見た目を保つためには、技術的問題の解決が必要だった。効果が生まれる背後にあるも...

スイスの建築⑥ フランス語圏公共放送テレビ局RTS本社のビル(その1)

1970年代初め、公共放送テレビ局RTS本社の新社屋がジュネーブに完成した。その頃の常として使用されていた耐火材のアスベストを削る作業に合わせ、約30年後の2004年、ビルの全面改装が決まった。コンペから改装完了までをカメラが追った。

スイスの建築⑤ レーティッシュ鉄道の高架橋(その3)

なぜ、ラントヴァッサー橋は石で造られたのか。建築・橋梁技術者のユルク・コンツェットさんは、石が高架橋の材料に選ばれた3つの理由を説明した。ユネスコ世界遺産登録を発案した鉄道員のジオン・カプレツさんは、当初は申請に懐疑的な見方が多かったと振り返る。

さらに表示

トピックの関連コンテンツ

以下のコンテンツは、トピックの関連情報を掲載しています

トピックスのコンテンツ

特集

名建築とスイス

ル・コルビュジエなど歴史に残る建築家や、マリオ・ボッタやヘルツォーク&ド・ムーロン、ピーター・ズントーといった世界を股にかけて活躍する現代建築家たちの考え方や働き方、建築の歴史、個性豊かで特徴的な構造形式、素材の特性が活かされた名建築など、スイスの建築の全てをさまざまな角度からひもとく。

特集

スイスで働く

大きく変わる社会の中で、多様化する働き方。理想の働き方を実現するには?どう仕事を選び、いかに働くのか。スイスの「働く」をさまざまな観点から見る。