トピックスのコンテンツ

希少種の家畜と植物 種の保存を目指すオーガニック農場

毛むくじゃらのブタ「マンガリッツァ」やスイス在来種の「レーティシュ灰色牛」、蜜入りの「ハニーアップル」や「シェザール・プルーン」。今日ではあまり聞かれなくなった動物や果物の名前だ。だが、オーガニック農場「フェルム・デ・ソンス」では、そういった珍しい品種の動物や果物を見つけることができる。

種の保全 絶滅危惧の鳥類 スイスのレッドリストは世界の3倍

国際環境NGO「バードライフ・インターナショナル」は23日、鳥類の絶滅危惧種に関する統計を発表した。世界では8種に1種が絶滅危惧種であるのに対し、スイスでは絶滅危惧種の割合が他国に比べて3倍も高いことが分かった。

このコンテンツは2018/04/24 14:45に配信されました

ヨーロッパオオヤマネコ アルプスの住みかを気に入った大型のネコ

スイスで1900年代、乱獲により一時絶滅したオオヤマネコが、政府の繁殖政策などにより現在は300頭まで持ち直した。

ヒゲワシ スイスに帰って来た幻の鳥 再び定着なるか

アルプスで最も大きな鳥ヒゲワシは、19世紀末にスイスから姿を消した。今日生存する個体は絶滅危惧種に指定されている。

アルプスサラマンドラ アルプス山脈に生息する両生類

擬態の天才・アルプスサラマンドラは、他の両生類とは異なる珍しい方法で子孫を残す。また、寒さとも上手く付き合うサバイバル能力を持っている。

生物多様性 スイスの環境パフォーマンス、順調は誤解

経済協力開発機構(OECD)は27日、スイスの環境対策に関する調査報告書を発表し、アルプスの国スイスが野生動物や生息地を保護する取り組みで成果を上げているとする認識は誤まっている、と指摘した。

「本」の語源にも 生命の木、ブナに温暖化の脅威

秋になると、スイスのブナの木は燃えるような紅葉に彩られる。しかし、これらの木々は気候変動による温暖化に苦しんでいる。

アルプスの野生動物 マーモット、アルプスに生きるスイスのマスコット

スイスの山岳地帯に生息するアルプスマーモット。丸々とした顔に二本足で立つ姿は観光客に人気で、マッターホルン登山の拠点のツェルマット村では、どこのキオスクにもマーモットの写真入り絵葉書が置いてある。いわばこの国のマスコット的存在だ。それだけではなく、脂肪は人間用の軟膏の原料になり、マーモットの肉...

エーデルワイス アルプスの高貴な花 エーデルワイス

スイスの広告は何でもエーデルワイスの模様入りだ。だが実際に山でこのふわふわの白い花に出会うのは珍しくなった。 ...

オオカミ 単なる邪魔者扱い?オオカミとの共存は無理なのか

オオカミが姿を現すたびに、スイス人はとても感情的になる。絶滅したと思われていたこの捕食動物がスイスに戻って来て以来、人々は危機感、恐れ、怒り、そして魅惑といったさまざまな感情に直面している。 ...

人間と捕食者 オオカミは駆除されるべき存在?

スイスでは毎年4千~6千匹のヒツジが病気、転落、落雷などが原因で死亡している。それに比べ、オオカミに襲われて死亡するヒツジの数は少ない。しかし、スイス南西部のヴァレー州では多くの住民が捕食者駆除地域の開設を求めている。(SRF/swissinfo.ch) ...

セイヨウスノキ 甘くておいしい、スイスアルプスの青い果実

スイスの山々では毎年5月から6月にかけて、野生のセイヨウスノキが花を咲かせる。その果実であるビルベリーは甘みがあり、鳥、キツネ、クマたちの大好物だ。 ...

イヌワシ 濡れ衣を着せられた空の王者

かつてイヌワシは、子どもや羊を殺す恐ろしい鳥だと誤解されていた。毒の使用や、計画的に巣を荒らした結果、スイスのイヌワシは絶滅の危機に立たされた。(SRF/swissinfo.ch) ...

アルプスアイベックス 魅力ある「山の王」

アルプスの岩壁を器用に伝い歩く姿でおなじみのこの動物、今では多数見かけるが、スイスではいったん姿を消していた。

スイスの自然 「クマと人間が共存できる環境を」 生物多様性保全、スイスで遅れ

「スイスの生物多様性に関する取り組みは著しく遅れている」。ベルン大学保全生物学研究室主任のアルレッタ教授はそう言い切る。政治家や教育関係者、そして一般市民がもっと自然に親しむ努力をすることこそ活動活発化の決め手だと言う。 ...

トピックの関連コンテンツ

以下のコンテンツは、トピックの関連情報を掲載しています

トピックスのコンテンツ

スイスの希少種 絶滅危機にあるスイスの家畜が集結、団体が保護訴える

絶滅の危機に瀕(ひん)するスイス固有の家畜や農作物を保護する非営利団体「プロ・スペーツィエ・ラーラ ...

2016年バード・オブ・ザ・イヤー 森の大工「アカゲラ」

スイスで最も多く生息しているキツツキの仲間はアカゲラ(Dendrocopos major)だ。ドラミングの音で知られるこの鳥は、適応能力が高いために分布範囲が広い。少し工夫をすれば民家の庭にも住み着くかもしれない。 ...

さらに表示