ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

DV 女性への暴力に反対 スイス各地で抗議デモ

Anti-violence demonstration

「一つの暴力にも、あらゆる暴力にも反対!」と書かれたパネルを掲げたローザンヌのデモ抗議。

(Keystone)

先週ジュネーブで若い女性5人が暴行を受けた事件で、12日、スイス全域で市民500人以上が暴力反対のデモ活動を行った。

8日午前5時過ぎ、ジュネーブのナイトクラブの外で、22~33歳の女性5人が男性グループに暴行を受けた。女性2人は重篤な頭部外傷を受け、うち1人はまだ昏睡状態が続いている。

翌日9日、ジュネーブで市民約100人が女性への暴力反対を訴えデモ行進を行うと、ベルン、バーゼル、チューリッヒ、ローザンヌなどスイスの都市各地にデモ活動が広まった。

「ジュネーブの事件は、これまでに発生した、たくさんの女性に対する暴力のニュースの一つとしてリストに加えられるに過ぎない」と、ローザンヌの社会民主党のジェラルディン・サヴァリー上院議員は述べた。

「しかし、これは単なるニュースの一つではないということ、また女性は性差別、性的欲求、暴力の犠牲者であるということを、皆分かっているはず」

首都ベルンでは、「みんなは一人のために」をモットーに掲げ、青年社会党のタマラ・フュニチエロ党首が、女性に対する暴力はピラミッドのようだと述べた。 「性的冗談と嫌がらせで始まり、強姦や名誉殺人に至る」

警察によると、2016年、家庭内暴力は前年度比で13%増加し、1万7600件以上が報告・登録された。家庭内暴力で死亡したのは19人で、被害者は主に女性だった。

SDA-ATS/ts

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。