Navigation

E-政府国際会議で政府のインターネット有効利用を討論

「インターネットは、政府や企業に不確かな情報を伝達する可能性もある。」パスカル・ヴィリガー蔵相は、インターネット投票を実施するには、選挙民が、より多くの正確な情報を受けられるよう、システムを改善しなければならないとの見解を示した。

このコンテンツは 2000/05/31 16:04

「インターネットは、政府や企業に不確かな情報を伝達する可能性もある。」パスカル・ヴィリガー蔵相は、インターネット投票を実施するには、選挙民が、より多くの正確な情報を受けられるよう、システムを改善しなければならないとの見解を示した。

「選挙をゲームにしては、いけない。スクリーン上でメニューをクリックして、単純に賛成か反対を答えるだけでは、いけない。インターネットは、投票者が意見をまとめられるよう、より多くの正確な情報を発信することができるはずだ。」29日ベルンで開かれたE-政府国際会議での演説で、ヴィリガー蔵相は、インターネット投票に対する見解を示した。

蔵相は、4つの文化・言語を持つスイスは、情報技術の開発に理想的な環境だと語った。インターネットによる世界的なリンクは、国家が地域ベースを保ちながら、異文化とのグローバルな関わりを可能にした。スイスは、インターネットがもたらす利点を最大限に利用し、その経験を他の国々と分かち合いたいと言う。またスイスの次ぎのステップは、ケーブルテレビからのインターネット・アクセスのスピードアップだと語った。

さらに、ヴィリガー蔵相は、スイスはエンドユーザーが行政上の情報にアクセスできるよう、新しいセントラル・ポータルを構築していると述べた。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。