Navigation

GDPプラス0.1% リセッション逃れる

国立経済情勢事務局(SECO)が7日発表した2001年第4四半期(10月 - 12月)の国内総生産(GDP)は前期比+0.1%で、年率換算では前期の0.8%から0.4%に減少した。また、2001年の平均GDP成長率は1.3%で2000年の3%と比べて大きく減少した。

このコンテンツは 2002/03/08 08:50

2001年最終四半期はマイナス成長が予測されていただけに、アナリストらは驚いている。が、SECOでは今年前半はスイス経済は引き続き厳しい状況にあると見ており、2002年と2003年のGDPは1.3%から2%、インフレーショは1%、失業率2.2%、と予測している。これに対し、IMFはスイス経済に関してより悲観的な分析をしており、2002年GDP成長率は0.8%から0.9%との予測だ。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。